リターン オブザ オブ ラディン - オブラディン(Return of the Obra Dinn)の評価と感想を熱く語る!

リターン オブザ オブ ラディン - Return of the Obra Dinn

リターン オブザ オブ ラディン - オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ

- 「 オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」(: Ob-La-Di, Ob-La-Da)は、の楽曲である。 1968年に発売された9作目のイギリス盤オリジナル・アルバム『』に収録された。 名義となっているが、によって書かれた楽曲。 ビートルズ活動期のイギリスやアメリカではシングル・カットされなかったが、オーストラリア、日本、ニュージーランド、スイス、西ドイツなどの国ではシングル・カットされ、各国のシングルチャートで第1位を獲得した。 解散から6年後にアメリカでもシングル・カットされ、で最高位49位を獲得した。 マッカートニーは、イギリスのクラブで聴いたのレコードに触発されて本作を書いており、タイトルにも使用されたフレーズは、ナイジェリアのコンガ奏者、ジミー・スコットが口にしていた言葉を流用したもの。 スコットはレコーディングにも参加してを演奏したが、リリース版には含まれておらず、スコットが参加した初期のバージョンは1996年に発売された『』に収録された。 楽曲の発表後、多数のアーティストによってカバーされ、このうちスコットランドのグループ、 ()によるカバー・バージョンが、1969年にで第1位を獲得した。 背景・曲の構成 [ ] マッカートニーは、1968年2月4日に他のバンドメンバーと共にのを訪れていた時期に「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」を書き 、同地で行われた合唱会で演奏した。 当時についてマッカートニーは「巡回映画がやってきたから、僕らはみんな瞑想のキャンプから、行列を作ってジャングルの一本道を歩いた。 僕のギターで『オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ』を歌ったんだけど、とても楽しかった」と振り返っている。 音楽評論家の ()は「マッカートニーのジャマイカのスカの作風にかなり近似した素晴らしい楽曲」と評している。 歌詞は「市場に勤めるデズモンド・ジョーンズが、バンドで歌手をしているモリーと恋をして結婚する物語」を歌ったもので、後に発表された「」に似た形式で物語を展開させている。 マッカートニーは「とても僕らしい曲。 デスモンドとモリーという実在しないカップルに関するファンタジーだからね。 僕は名前にも力を入れている。 デスモンドというのはとてもカリブっぽい名前だ」と語っている。 デスモンドは、レゲエのデスモンド・デッカーに由来している。 タイトルおよび歌詞に登場する「Ob-La-Di, Ob-La-Da」というフレーズは、マッカートニーの知人であるナイジェリア人のコンガ奏者、ジミー・スコットがよく口にしていたフレーズを流用したもの。 マッカートニーは「ジミーとは、よくロンドンのクラブで顔を合わせていた。 会うたびに彼は『Ob-la-di, Ob-la-da, life goes on, bra(オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ、人生続くよ、ブラ)』と口にしていた。 後でそのお礼がわりに小切手を送った。 曲は全部僕が書いて、いっさい彼の助けは借りてないけど、あれは彼の言い回しだったから」と語っている。 なお、スコットは著作権をもとにマッカートニーに金銭を要求したが 、マッカートニーはこれを拒否し、後にある事件でスコットが逮捕された際に、マッカートニーが多額の法廷費用を負担するのと引き換えに金銭の要求を取りやめたというエピソードも残っている。 レコーディング [ ] インドからの帰国後、1968年5月にビートルズのメンバーは、イーシャーにあるの自宅に集まった。 ハリスンの自宅では、次のアルバムのセッションに向けたデモ音源が27曲録音され、「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」もそのうちの1曲だった。 デモ音源はマッカートニーのの弾き語りとなっている。 1968年7月3日にの第2スタジオでレコーディングが開始された。 最初のセッションでは7テイク録音され、いずれのテイクもアコースティック・ギターを主体としたアレンジとなっている。 なお、セッション途中ではの「 ()」が短く演奏された。 7月5日にレコーディングされたテイク5では、トラック3に3本のとスコットが叩くがオーバー・ダビングされた。 同日の夜に、トラック2にがレコーディングされたが、後にアコースティック・ギターで引いたベースのパートが追加された際に消去された。 これについて、マッカートニーは「僕らのトリックの1つに、アコースティック・ギターのレベルを思いっきり上げてレコーディングするという手法があった。 そうするとメーターの針はずっと赤に触れたままで、弾くたびに思いっきりそっちに揺れて、アコースティックがエレクトリックみたいな音で返ってくるんだ。 といっても歪みすぎることなく、オリジナルの音をいい具合にいじってくれて、ホットな音にしてくれるんだ」と語っている。 7月8日に新たなアレンジでのレコーディングが開始された。 この日のセッションで、はにスイッチしており、マッカートニーは「ピアノの前に座ったとたん、ジョンはブルー・ビート風のイントロを弾いた。 そのおかげで僕らも刺激を受けて、曲全体ががらりと雰囲気を変えた。 スタジオで僕ら2人が、とびっきりの時間を過ごしたのを覚えている」と振り返っている。 この日にレコーディングされた中からテイク12がベストとされ、別の4トラック・レコーダーにリダクションされたのち、トラック3と4にボーカルが加えられてテイク13となった。 しかし、この日のセッション終了後にラフ・ミックスを受け取って聴き直したマッカートニーは、翌日のセッションで再びリメイクすることを決めた。 7月9日に新たなベーシック・トラックがレコーディングされた。 この日のテープ・ボックスには、曲名の後に「Re-remake」と表記され、再びレコーディングをする際にレノンは「みんな、失敗しないでくれ! 」と懇願し、そのままドイツ語でカウントを取った。 テイク21のトラック1に、アコースティック・ギター、ピアノ、トラック2に音を歪ませたアコースティック・ギターで弾いたベースのパートと、トラック3と4にボーカルが録音された。 しかし、ここで、前日のベーシック・トラックの方が出来が良かったと判断され、前日のテイクを4トラックにまとめたミックスがテイク22として作成され、テープをコピーしてテイク23が作成された。 7月11日にサクソフォーン、、、リード・ボーカルとが録音された。 本作のボーカルの録音に際して、プロデューサーのがマッカートニーに対して歌唱法に関する提案をしたが、マッカートニーが「だったらこっちに来て歌ってみろよ」と返した。 このやりとりを見たエンジニアのが「」のレコーディング途中で帰ってしまったというエピソードが残っている。 なお、4番のヴァースにて「デズモンドとモリーが逆になり、モリーが子供たちと一緒に市場で働き、デズモンドが化粧をしてバンドで歌う」と歌われているが、これはマッカートニーが間違って逆に歌ってしまい 、録り直そうとしたところレノンが「この方が面白い」と発言してそのままにしたと言われている。 同じく『ザ・ビートルズ』に収録のハリスン作の「」には、「We all know Ob-la-di-bla-da, but can you show me where you are? (みんな、オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダは知ってるけど、教えてくれないか、きみはどこにいるんだい? )」というフレーズがある。 音楽ジャーナリストのロバート・フォンテノットは、レノンと同様に、ハリスンも本作を嫌っていることから「マッカートニーの歌に対する、ハリスンなりの意見」と見ている。 リリースとライブでの演奏 [ ] 1976年にアメリカで発売されたシングル盤のピクチャースリーブ 「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」は、1968年11月22日にオリジナル・アルバム『』のA面4曲目に収録された。 「」ともにアルバムで人気の高い楽曲の1つとされており、マッカートニーはこの2曲をシングルとして発売することを望んでいたが 、他のメンバーによって拒否されたため 、当時のイギリスやアメリカではシングル・カットされることはなかった。 一方で日本、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ等の国では、1969年にシングル・カットされた。 解散から6年後の1976年にアメリカでも「」とのカップリングで発売された。 1996年に発売された『』には、スコットがコンガで参加したテイク5が収録され 、2018年に発売された『』のCD3にはハリスンの自宅でレコーディングされたデモ音源、CD4にはテイク3が収録された。 本作は、2009年にマッカートニーが行ったヨーロッパツアーのハンブルク公演(12月2日)で、初めてライブ演奏された。 以降、2012年のクイーンズ・ダイヤモンド・ジュビリー・コンサート、2013年から2015年にかけて行われた「アウト・ゼアー」ツアーのサンフランシスコ公演、2016年から2017年にかけて行われた「ワン・オン・ワン」ツアー、2018年のでのライブでも演奏された。 評価 [ ] 「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」は、1968年から1969年にかけてドイツ 、オーストラリア、スイス、オーストラリア、日本のシングルチャートで第1位を獲得し 、1969年にレノンとマッカートニーは本作でを受賞した。 レコードは5万枚超の売り上げを記録し、ゴールドディスクの対象ともなった。 ()誌は、「アルバムの中で最も軽快で最高のトラック」と評し、楽曲中のピアノとドラムスのサウンドを称賛し 、の ()は「偽者のウェスト・インディーズ。 オリジナルに負けていて、陳腐に聴こえる」 と評した。 バンドメイトであるレノンも「ポールのおばあちゃんソング」と酷評しており、2004年にインターネット上で行われた「50 Worst Songs Ever! 」という投票において1位を記録している。 しかしながら、2019年にドイツのマックス・プランク研究所は、1958年から1991年までに発表された700曲で使用されている8万通りの異なるコード進行を対象に、機会を駆使してその直前に使用されているコードと比較していかに「驚きをもたらしているか」を点数化する実験結果から、本作が「史上最も完璧なポップ・ソング」であると発表している。 - 、、 、ハンドクラップ、• - 、、ハンドクラップ、、ボイスパーカッション• - 、コーラス、ハンドクラップ、スポークン・ワード、ボイスパーカッション• - 、、、その他の打楽器、スポークン・ワード、ボイスパーカッション• - カバー・バージョン [ ] マーマレードによるカバー [ ] 「 オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ」 () の 愛の鎖 リリース 1968年11月29日 規格 マイク・スミス チャート最高順位 を参照 () シングル 年表 ミュージックビデオ - ビートルズがイギリスやアメリカで「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」をシングル・カットしなかったことから、様々な国で本作のチャート入りを目標にカバー・バージョンが制作された。 そんななか、1968年11月にシングル盤として発売された ()のカバー・バージョンは、で第1位を獲得し、本作のカバー・バージョンで最もヒットした作品となった。 マーマレードによるカバー・バージョンは、イギリスで約50万枚、1969年4月までに全世界で100万枚の売り上げを記録した。 シングルのプロモーションのために出演したの『』では、メンバー5人のうち4人がを着用し、イギリス生まれのドラマーはの制服を着用した。 その他のアーティスト(世界) [ ]• ベッドロックス - 1968年にシングル盤として発売。 全英シングルチャートで最高位20位を獲得した。 マッカートニーと妻のは、ベッドロックスによるカバー・バージョンをお気に入りとしている。 - 1968年にシングル盤として発売。 で最高位51位を獲得した。 - 1969年に発売されたジャズのオムニバス盤『 ()』に収録。 () - 1997年に発売されたサルサのオムニバス盤『Bailame』でスペイン語でカバーした。 (ジャマイカ) - 1999年に発売されたアルバム『Humanitarian』にボーナストラックとして収録。 (ジャマイカ) - 2001年に発売されたアルバム『』に収録。 - 2002年に発売されたアルバム 『Music of the Beatles』に収録。 - 2002年に発売されたアルバム『The Blues White Album』に収録。 - 2002年に発売されたライブ・アルバム『』に収録。 () - 2004年に発売されたアルバム『The Jukebox Years』に収録。 - 日本で1996年にシングルとして発売された。 - 2019年に公開された映画『』の劇中で演奏。 同作のサウンドトラック盤にも収録された。 その他のカバー・バージョン(日本) [ ] オブラディ オブラダ 歌手 作詞者• 1975年10月 - 11月• 2013年4月6日、5月4日() その他 2012年に『』で放送。 日本ではいくつか日本語詞でのカバー・バージョンが存在する。 1969年にはがカバーした(訳詞:)。 カーナビーツ版では主人公の「デズモンド」と「モリー」の名前が「太郎」と「花子」に置換されている。 1974年にはの『』で取り上げられ、この時はが歌った(訳詞:黒木宏)。 但し、フォーリーブスの歌唱版は未発売。 なお再放送は1975年10月 - 11月のみだったが、「」で映像が提供され、2012年の『』で37年ぶりに再放送、そして2013年4月6日と5月4日放送の『』でも再放送。 1975年の『』では、が歌った。 歌詞は『紅白歌合戦』用の独自の日本語詞であった。 また、フォーリーブス版では最後の一節("And if you want some funー")がカットされており、他のカバーでも省かれていることが多い。 1988年にはが、ビートルズのトリビュート・アルバム『』でカバーした。 チャート成績 [ ] ビートルズ版 [ ] チャート(1969年) 最高位 オーストラリア 1 オーストラリア 1 オーストリア 1 ベルギー Wallonia 2 ベルギー Flanders 5 フランス 3 日本 シングルチャート 7 日本 洋楽シングルチャート 1 オランダ 3 ニュージーランド Chart 1 スイス 1 西ドイツ 1 チャート(1976年 - 1977年) 最高位 カナダ Top Singles 27 US 49 US 39 US 47 マーマレード版 [ ] チャート(1968年 - 1969年) 最高位 オーストリア 1 ノルウェー 1 スイス 2 UK 1 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• イントロのピアノのフレーズについては、「の影響 」とする説や、「収録の際にマッカートニーから度重なる録り直しを要求されて嫌気がさしたレノンがでやってきて、力任せに弾きなぐったもの」とする説が存在している。 その証拠に、『』や『ザ・ビートルズ ホワイト・アルバム スーパー・デラックス・エディション』に収録されているアウトテイクでは、3番の歌詞の繰り返しになっている。 B面には「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」を収録。 日本では初ののシングル盤として発売された。 英米では『/』が初のアップル・レコードからのレコード・リリースであるが、日本ではオデオン・レコードからの移行が完了しておらず初回盤のみオデオンからの発売となっていた。 2018年に発売された『ザ・ビートルズ ホワイト・アルバム 〈スーパー・デラックス・エディション〉』に付属の解説では、「歪ませたアコースティック・ギターで弾いたベース・パート」と記載されている。 出典 [ ] 2020年9月15日閲覧。 2013年1月10日時点のよりアーカイブ。 2020年9月15日閲覧。 Smith, Alan February 1972. Official Charts Company 1969年1月22日. バビアック, アンディ『Beatles Gear 日本語翻訳版』(訳)、、2002年、222頁。 ディーン, ジョニー『ザ・ベスト・オブ・ザ・ビートルズ・ブック 日本語翻訳版』平林祥・新井崇嗣・上西園誠(訳)、、2005年、220頁。 , p. 2011年7月16日時点のよりアーカイブ。 2020年9月15日閲覧。 2013年12月13日時点の [ ]よりアーカイブ。 2020年9月15日閲覧。 the-beatles-ithe-beatles-white-albumi-apple-2. Official Charts Company 1969年1月1日. 2020年9月15日閲覧。 Ankeny, Jason. 2020年9月15日閲覧。 Gallucci, Michael. 2020年9月15日閲覧。 Jarnow, Jesse. 2020年9月15日閲覧。 Kent, David 2005. Australian Chart Book 1940-1969. Turramurra: Australian Chart Book. 2020年9月15日閲覧。 " in French. Top Adult Contemporary: 1961-1993. The Cash Box Singles Charts, 1950-1981. 2020年9月15日閲覧。 参考文献 [ ]• Carlin, Peter Ames 2009. The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962-1970. Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties. The Beatles Diary Volume 1: The Beatles Years. London: Guinness World Records Limited. Reading the Beatles: Cultural Studies, Literary Criticism, and the Fab Four. Fab: An Intimate Life of Paul McCartney. Sulpy, Doug; Schweighardt, Ray 1997. Get Back: The Unauthorized Chronicle of The Beatles' Let It Be Disaster. A Hard Day's Write: The Stories Behind Every Beatles Song. The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four.


その他のアーティスト(世界) [ ]• なお、4番のヴァースにて「デズモンドとモリーが逆になり、モリーが子供たちと一緒に市場で働き、デズモンドが化粧をしてバンドで歌う」と歌われているが、これはマッカートニーが間違って逆に歌ってしまい 、録り直そうとしたところレノンが「この方が面白い」と発言してそのままにしたと言われている。

More

このやりとりを見たエンジニアのが「」のレコーディング途中で帰ってしまったというエピソードが残っている。

More

途中ミスリードでどん詰まりしたこともあり、想像以上に時間がかかってしまいましたが、プレイスタイルによっては10時間を切ることも可能なぐらいの程よいボリュームとなっています。

More

しかし、ここで、前日のベーシック・トラックの方が出来が良かったと判断され、前日のテイクを4トラックにまとめたミックスがテイク22として作成され、テープをコピーしてテイク23が作成された。

More

1974年にはの『』で取り上げられ、この時はが歌った(訳詞:黒木宏)。

More

曲は全部僕が書いて、いっさい彼の助けは借りてないけど、あれは彼の言い回しだったから」と語っている。

More

1996年に発売された『』には、スコットがコンガで参加したテイク5が収録され 、2018年に発売された『』のCD3にはハリスンの自宅でレコーディングされたデモ音源、CD4にはテイク3が収録された。

More