99.9 シーズン 3 - 「99.9」最終回、自己最高の21.0%!全話平均視聴率、前シーズン上回る|シネマトゥデイ

99.9 シーズン 3 - 1月期新ドラマ期待度1位は、松本潤主演『99.9』シーズン2 上位5作がオリジナル作品

99.9 シーズン 3 - 『99.9』最終話、真犯人を明かさなかった理由とは? 現実にも通ずる“司法の深い闇”を考える|Real Sound|リアルサウンド 映画部

人気グループ「嵐」の松本潤さんが変わり者の刑事専門弁護士役で主演するTBS系「日曜劇場」枠の連続ドラマ「99. 9-刑事専門弁護士- SEASONII」の第3話が、28日に放送され、平均視聴率は16. 2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 21日の第2話で記録した18. 9%という刑事弁護の世界を舞台に、逆転不可能な状況の中、残された0. 1%の可能性にこだわって事実を追求しようとする深山大翔(ひろと=松本さん)ら斑目法律事務所の刑事専門弁護士たちの活躍を描く。 「SEASONII」は、新ヒロインとして木村文乃さんが元裁判官の弁護士役で加わり、深山の前に立ちはだかる東京地方裁判所所長代行のエリート裁判官・川上憲一郎役で落語家の笑福亭鶴瓶さんも登場。 シーズン1で描かれた弁護士VS検事の構図に、裁判官を交えた新たな展開が繰り広げられる。 第3話は、佐田(香川照之さん)が顧問弁護士を務める人気ロック歌手・ジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童さん)が、ジャーナリスト・安田(伊藤高史さん)の殺人容疑、及び事件の目撃者・石川(安達祐実さん)の殺人未遂容疑で逮捕されてしまう。 新たに事務所の一員となった舞子(木村さん)が、佐田からジョーカー茅ヶ崎の担当に任命されて事件を調査すると、茅ヶ崎が賭博行為をネタに、安田から揺すられていたこと、そして佐田の指示でそれを警察に秘密にしていたことが判明。 茅ヶ崎には安田を殺害する動機があったため、故意に隠していたとされ、佐田のせいで依頼人がピンチになってしまい……という展開だった。


貴弘が経営していた「音吉庵」の元従業員。

More

父親が料理人だったこともあって調味料にはこだわり、常にマイ調味料を持ち歩いています。

More

第1話:0. その後前述の「1年契約」を終えて刑事担当弁護を退いて民事専門に戻っていたが、自身の後任として探してきた刑事専門ルーム室長や、留学した立花の後任たちが、やりたい放題の深山についていけずに次々と辞めていってしまったため、斑目から定着できる後任を見つけることが出来ればマネージングパートナーを譲るとの条件で刑事担当弁護に復帰することになり 、もうひとつの条件として、尾崎が正式に刑事事件専門ルームとして勤務することによって立花の後任が見つかったため、民事と兼任が認められている。

More

小ネタが分かったらもっと面白かったんだろうな〜• 暴行を加えている最中に転倒して頭部に衝撃を受け、接見中に意識不明で倒れる。

More

で2回、で2回の前科をもつ。

More

佐田由紀子役ー映美くららさん• 新井とは顔なじみ。

More

刑事ドラマじゃなくて、弁護士の事件だから殺害予告とか連続殺人みたいな、派手な演出が少ないと思うの。

More

会社の顧問弁護士である志賀が在籍している斑目法律事務所に西岡の裁判の弁護を依頼するが、佐田には「あくまで西岡の利益優先で弁護をすること」を申し渡されている。

More

西岡明奈(にしおか あきな) 演 - 西岡専務の娘。

More