二重切開法 失敗 - 二重まぶたの整形は切開すると失敗しやすい?埋没法との違いは?

二重切開法 失敗 - 二重整形切開法の失敗やリスクを回避する方法。|湯田眼科美容クリニック

二重切開法 失敗 - 二重まぶたの整形は切開すると失敗しやすい?埋没法との違いは?

まずは、失敗にはどのようなケースがあるのか紹介していきます。 リスクを理解した上で切開法を検討するようにしましょう。 まぶたの腫れが引かない 治療後は基本的にまぶたは腫れます。 大きな腫れは1ヶ月程度でおさまると言われていますが、完全に腫れが落ち着くのは半年程度かかることもあります。 このように 二重完成までの期間が長いため、失敗したと感じる方も少なくありません。 まぶたが長期間腫れることを念頭に置いて、 仕事やプライベートのスケジュールを事前に調整しておいた方が良いでしょう。 イメージと違う 「二重の食い込みが強すぎる」「二重幅が広すぎる」など、想像していたイメージと違うといったケースです。 これは事前に 医師とイメージの共有ができていないことによって起こりやすい失敗です。 そのため、 治療前に入念なカウンセリングやシミュレーションを行ってくれるクリニックを選びましょう。 左右差が出る 左右の二重に差が出てしまい、不自然な目元になってしまうことがあります。 これは 医師の技術が乏しいことによって起きてしまう可能性があります。 治療をお願いする前に 医師の経歴や実績を確認し、信頼のおける医師に任せるようにしましょう。 ものもらい 二重手術後は、ものもらいになりやすいと言われています。 その場合眼科治療が必要になりますが、 美容クリニックでの手術後は治療を断る眼科クリニックもあるので注意しましょう。 そのため、万が一に備えて アフターケアの手厚い美容外科を選ぶことが大切です。 万が一失敗してしまった場合は 施術直後のまぶたが理想と違うのは、腫れやむくみが原因ということもあるので、 半年程度は様子を見て、それでも失敗だと感じる場合に再手術を検討してみてください。 切開法はまぶたへの負担が大きく、何度も修正するのが困難なため、修正するかどうかは慎重に決めるようにしましょう。 失敗しないためには 失敗しないためにまず大切なのは、 自分が持っている理想のイメージをしっかりと医師に伝えるということです。 技術的な面で失敗がなくても、思っていた仕上がりと違うのであれば失敗と変わりありません。 自分の意思を伝えたくても十分にカウンセリングの時間をとってもらえないのであれば、他のクリニックを検討することも視野に入れた方が良いでしょう。 また、医師の技術力や経験不足による失敗は絶対に避けたいところです。 経歴や実績、カウンセリングでの対応なども考慮し、 信頼のおける医師やクリニックを選びましょう。 切開法を検討している方におすすめのクリニック 最後に、切開法を検討している方におすすめのクリニックを紹介します。 理想の二重を手に入れるために、ぜひ参考にしてください。 大塚美容形成外科・歯科.


これに関してはいろいろな原因が考えられますが、以下のようなものが主です。

More

手術直後から皮膚側の埋没ができていない場合の対処法 手術直後から皮膚側の埋没ができていない場合の対処法は、医師が埋没できていないことに気が付くタイミングにより異なります。

More

テクニカルな部分ではありますが、理解しておいたほうがよいと思いますので以下に詳しく記載します。

More

切開法失敗の再手術は難易度が高く、引き受けてくれる医師が少なくなりますので、根気よく探す必要があります。

More

その中でも安全で安心で信頼できる方法をご提供致します。

More

また前頭骨が前方に出ている場合、特に外側において眼窩の骨が突出していてあたかも皮膚や脂肪が厚みをもっているかのように見えるケースがあります。

More