ソイル 掃除 - 自作ホースでメダカ水槽ソイルを掃除、驚きの能力。

ソイル 掃除 - 水槽がソイルの場合はどうやって水換えするの?

ソイル 掃除 - ビーシュリンプ水槽の低床(ソイル)掃除って結構大事なんです

メダカたちにとって「水」は、 私たち人間にとっての「空気」と同じ。 メダカの暮らす水槽内の水は、 常にキレイな状態に保っておきたいものです。 そのためには、 定期的な水換えはもちろん 水槽内の掃除も欠かせません。 とはいえ、 水槽の中には水だけでなく 底砂や水草なんかもあったりして、 「どこからどうやって 手を付けたらいいの・・・?」と 悩んでいる飼育初心者さんも 多くいらっしゃることでしょう。 そこで今回の記事では、 初心者さんも簡単にできる水槽の掃除方法を 各パーツや状態ごとに詳しく解説いたします。 正しい掃除のやり方を知って、 メダカたちに快適空間を作ってあげましょう! [adsense1]• メダカの水槽の掃除方法をパーツや状態ごとにご紹介! 手入れが行き届いたピカピカの水槽は 見ていても気持ちが良いですよね。 しかし、 常にキレイな状態を保つのは 意外と難しいもの。 掃除のやり方が適切でないと、 いくらこまめに掃除を行っても すぐに汚れが目立ってきます。 水質の安定しない状態は、 メダカにとっても良くありません。 そこで初心者さんには、 ぜひとも今のうちに正しい掃除方法を 身につけておいていただきたいと思います。 これは初心者さんもご存知ですよね。 しかし「水を換える」といっても、 ただ水を抜いて新しい水を足せば 良いというわけではありません。 間違った方法での水換えは メダカの健康を損なう恐れもあるので、 この機会に正しいやり方を覚えましょう! 水換えのやり方 4ステップ• 新しい水を準備しておく• 水槽内のゴミを取り除く• 新しい水を入れる 水換え作業を行う前に、 まず新しい水を作っておきましょう。 バケツなどに水道水を汲んで一日以上置くか 市販の中和剤を使ってカルキを抜き、 水槽の水と同じになるように 水温を調整して準備完了です。 この時、水槽内の水を全部抜いてしまうと 新しい水を入れた時に急な水質の変化で メダカがショック死する恐れがあるので 気を付けてくださいね! 水量が少ない状態のうちに、 底面に溜まったゴミ取りや 壁面の掃除も 同時にやってしまいましょう。 きれいになったら、 あとは作っておいた水を足せば 水換え作業は完了です。 しかし、底層部に沈んだ細かなゴミは 水換えだけでは取り除くことができません。 かといって放っておくと どんどん水質が悪化してしまうので、 掃除用のホースを使って 定期的にゴミを吸い出してあげましょう。 出典: こちらはアクアリウムのベテランも愛用する 株式会社水作の「プロホース エクストラ」。 底砂掃除と水換えが同時にできるので、 初心者さんやズボラさんにもおすすめです。 赤玉土の掃除方法• カルキ抜きした水を用意しておく• 水槽内の水(少量でOK)と メダカを別容器に移す• 水槽内に残った汚い水を捨てる• 赤玉土を水洗いする• カルキ抜きした水を水槽に足し、 赤玉土とメダカを戻して完了 赤玉土は潰れやすいので、 あまりゴシゴシやりすぎないように 気を付けてくださいね。 しかし、ろ過フィルターの 洗いすぎだけは要注意! フィルターのろ材を洗いすぎると 水をきれいにする働きをする バクテリアまで流されてしまうため、 かえって水質が悪化しやすくなります。 とはいえ、放ったままにしていると フィルター自体のろ過機能が 低下してしまいますので、 やはり定期的な掃除は必要です。 フィルター掃除のタイミング• 水が濁ってきた• 水の排出量が減ってきた• ホース部分が汚れてきた 飼育環境によっても異なりますが、 上記のタイミングを目安にすれば 大体3~6ヶ月に1回くらいの頻度で 掃除するのが適当でしょう。 また、掃除の際には バクテリアの減少を最小限に抑えるために 水道水ではなく水槽の水を使用します。 水槽内の水をバケツなどに汲み取り、 中のろ材を軽く揉み洗いして フィルターに戻しましょう。 もちろん 洗剤の使用は厳禁ですよ! ホース内部の汚れ落としには、 画像のようなホース用ブラシが便利です。 出典: 掃除が終わったら、 減った分の水を水槽に戻すことも忘れずに。 カルキ抜きと温度調整を済ませた水を 前もって用意しておくと良いですね。 コケは時間が経つほど厄介なことになるので、 早いうちに取り除きましょう。 メダカ水槽に発生しやすい コケの種類• すでにこちらの画像のような状態に なってしまっている方も いらっしゃるのでは・・・? 出典: 茶ゴケは立ち上げたばかりの水槽のように 水質が不安定な環境で発生しやすいコケです。 指で軽くこするだけで簡単に取れますが、 コケ用のスポンジやクロス、 スクレーパーなどを使うと よりきれいに取り除くことができるでしょう。 ただし、取り除いた茶ゴケは どうしても水中に散らばってしまいますので、 除去後は水換えを行うようにしてくださいね。 特に目にする機会が多いのは こんな虫ではないでしょうか。 出典: これは 「ミズミミズ」と呼ばれる生き物で、 このミズミミズ自体は メダカに害を与えることはありません。 ただ、ミズミミズが発生する原因は 「水質の悪化」であることが多く、 特に 底砂に溜まった餌の食べ残しがもとで 増殖しやすいと言われています。 ミズミミズが気になる際は、 底砂の掃除を行うとともに 給餌量も見直してみると良いでしょう。 水槽に虫が発生した時の対処法は、 こちらの記事も参考にしてみてください。 良い泡と悪い泡の見分け方• しかし、大きな泡ができて なかなか消えないという場合は、 餌の食べ残しや枯れた水草を放置したことで 水が汚れていることが考えられます。 このままではメダカたちに 良くない影響を与えかねませんので、 すみやかに対処しましょう。 水換えを行うとともに、 底砂に溜まった食べカスや 傷んでいる水草を取り除いてください。 実はこの油膜は、油というよりも 食べ残しの餌やメダカの糞などから流れ出た たんぱく質が原因であることが多いようです。 つまり、 油膜が発生した時点で 水が汚れているということになりますね。 まずは水換えを行って 水をきれいにしてあげましょう。 取り急ぎ油膜だけを何とかしたい場合は、 ティッシュペーパーを広げた状態で 水面に浮かべてサッと引き上げると 油分を吸い取ることができます。 また、油膜ができないようにするには 日頃から水をきれいに保つことが大切です。 定期的な水換えはもちろんのこと、 餌の食べ残しや糞の掃除も こまめに行いましょう。 伸び切った水草は見栄えも良くありませんし、 水質を悪化させる原因にもなります。 水槽掃除の便利アイテム・4選• 水作「プロホース エクストラ」• イノマタ化学「なるほどバケツ」• スポイト• メラミンスポンジ 「プロホース エクストラ」は 先ほどご紹介したように 底砂の掃除と水替えが同時に行える優れモノ。 真っ先に購入したい一品です。 狭い場所やピンポイントで ゴミを取りたい時のために、 スポイトも用意しておくと良いですね。 イノマタ化学株式会社から発売されている 「なるほどバケツ」は 水換えが苦手な方におすすめ。 注ぎ口がついているので水がこぼれにくく、 床を水浸しにする心配がありません。 出典: そして、コケ掃除に便利なのが 100円ショップでも手に入る メラミンスポンジ。 少しの力で汚れを落としてくれるので、 女性やお子さんでも 簡単にコケを取ることができますよ。 メダカの水槽の掃除の頻度はどれくらいでするべき? メダカ水槽の掃除は、 水換えと同時に行ってしまいましょう。 そのほうが手間も時間もかかりません。 水換え・掃除を行う頻度• 春・秋:2週間に1回程度• 夏:1週間に1回程度• 冬:室内飼育の場合は2週間に1回程度 水温が高くなる夏場は、 一年の中でメダカがもっとも活発に動く季節。 食欲も旺盛になり、糞の量も増えるので、 そのぶん水が汚れやすくなります。 ただし、室内飼育で 水温がある程度高い状態で保たれる場合は 2週間に1度ほど水を換えてあげましょう。 まとめ 今回の記事では、 メダカ水槽の掃除方法や おすすめの掃除アイテムを ご紹介してまいりました。 また「掃除が面倒・・・」という人は コケなどを食べて水をきれいにしてくれる 貝類を一緒に飼育するのも一つの手。 水槽も賑やかになって 飼育がますます楽しくなりますよ! 興味のある方は、 ぜひ一度アクアショップへ 足を運んでみてはいかがでしょうか。 [adsense3].


時間はかかりますが、生体の環境をさほど変えること無く、ソイルを撤去する事ができます。

More

水が濁ってきた• 落ちてしまったソイルの力をもう一度取り戻したいと思ったら、プロホースで突くというのも一つの手ではあるんです。

More

新しい水槽に出来るだけ多くの飼育水を入れることで、バクテリアの数も安定しやすくなるはずです。

More

団粒構造を壊して陽イオン交換効果を損ねる。

More

この商品の凄いところは、水流調整が容易にできるというところでしょう。

More

ろ過材をバケツなどに入れてすすいで洗います。

More