艦これss提督死亡 - 胸糞・鬱 : なのです速報~艦これSSまとめ~(2)

艦これss提督死亡 - [B!] 【艦これ】提督「艦娘にドッキリを?」青葉「はい」【安価】 : あやめ速報

艦これss提督死亡 - [B!] 提督「艦娘に殺されたい」 : あやめ速報

赤城「仕事してください 壁に指差して何してるんですか」 提督「スミマセン」 赤城「謝る前に仕事をですね」 提督「なぁ赤城よ」 赤城「なんですか気持ち悪い」 提督「ドッキリをしてみないk 赤城「しません」 提督「仕事終わってからで良いk 赤城「しません まず終わらないでしょう」 提督「お願いしm 赤城「しませんってば」 提督「間宮k 赤城「お手伝い致しましょう」 提督「ならば早速ルーレットスタアアアアアアアトッ」ルーレットスタートー ナニガデルカナナニガデルカナ 提督「最初のドッキリ被害者はぁーー! 」 赤城「脂肪ドッキリ?」 提督「ソレダッ」 ~一日後~ 提督「今日は健康診断の資料が返されるのでしっかりと見て体調に気を付けること! 」 赤城 アーイス アーイス ~少し後~ コンッコンッ カガデス 提督「入れ」 加賀「何かありましたでしょうか」 提督「これを見ろ 体脂肪率を見るんだ! 今なんて」 提督「ドッキリです」 加賀「最近耳が遠いんです」 提督「ドッキリでsドゴッ! 加賀「頭にきました」 提督「」 赤城 アーイスアーイス間宮のアーイス 提督「てなわけで怒らせちゃった」テヘッ 赤城「アイスあげたら許してくれますよ あと持ってる間宮券譲ってから死んでください」 提督「」 提督「次のターゲットはぁ! 」ナニガデルカナナニガデルカナ~ 赤城「まだやるんですか 面倒ですね」 提督「次のターゲットはぁ! 」 赤城「そりゃよかったですね」アーイスアーイス 提督「Let'sドッキリ! 」 北上「」フフフーンフーン 提督「おっ北上じゃないか」 北上「おー てーとくー なんかあった? 」 こころがぴょんpy 北上「ほんとっ グスン ごめんっ なさい グスン てーとく」 提督 あれ 泣いてる? 北上「お皿 下げるね ほんとごめんね 」グスン 提督「あわわわわわ」 赤城 なにしてんのアイツ 説明しよう! 提督は急に起こった出来事に対処する力を持っていないのである! アッーーーーー ~自主規制~ 赤城「もう懲りました?」 提督「あぁ」 全治2ヶ月 赤城「で、間宮券速く」 提督「あっ あの2人の機嫌取るためにあげちゃった」 赤城「」ブチッ 提督「あぁあああああああああああああ」 ~2ヶ月後~ 提督「ところで赤城」 赤城「何ですか?」 提督「ドッキリしようぜ」 赤城「」 提督のドッキリ人生は幕を開けたばかりであった.


何度も見落としが無いか確かめているんだけど』 霧島「そう……分かったわ、何かあったら報告して」ピッ 比叡「榛名の方も手掛かり無し、か……」 金剛「……諦めまセン」 比叡「お姉様?」 金剛「諦めまセンよ、1回探していなければ2回探して、2回探していなければ4回探して! 4回探していなければ16回探しマス! 何度でも何度でも! 提督を見つけるまで探し続けマスよー!」 霧島「……やはり頼もしいですね、金剛お姉様は」 比叡「うん……よーし! 私も気合!入れて!行きます!」 金剛「絶対ワタシが見つけますカラ、待っていてヨネー! テートクー!」 木曾「よう天龍、首尾はどうだ?」 天龍「木曾か、残念ながらさっき顔を合わせた時と何一つ変わらねぇよ」 木曾「そうか……俺の方もそんなもん、いや、誰に訊いても同じだろうな?」 天龍「だろうよ、ったく提督の奴何処に姿くらましやがったんだよ」 木曾「それを知るのは提督だけだろうな……俺達に知る術はない」 天龍「んなこた分かってんだよ! 大体お前はどうしてそう落ち着いていられんだよ!?」 木曾「慌てふためく時こそ冷静に、な。

More

その結果あるを考えた 」 コンコン 「来。

More

このまま逃がしても打撃を与えたには変わりない」 提督「だが、お前達の家を壊した敵をみすみす見逃せるか? お前らの中に、ぶん殴ったらそれで満足な奴がいるか?」 提督「敵は潰せ。

More

つまんねー幕切れしてくれたよねー、どうせなら結婚指輪でも請求してやりゃあよかったのにさ? または漣ちゃんの無期限有給休暇とかー」 漣「って、こんなことYouにお話ししても仕方ないよねー?」 レ級「」 漣「…………」 レ級「」ニッコリ 漣「……ねーぼのやーん」 曙『何よ』 漣「なんで漣ちゃんぼっちでサーモン海来てんだっけ? 教えてちょんまげ」 曙『私からのお仕置き』 提督『それとしばらく前、俺からお仕置きするのを忘れてたからそれも合わせて』 曙『季節外れの肝試しね』 漣「あーそっかー、はははー」 レ級「」ニッコリ 漣「……逃げ出したい、この笑顔」 レ級「」主砲ステンバーイ 漣「肝試しで命落としちゃシャレならんですけどォ!?」 曙『肝の味を試すんじゃなかったっけ』 提督『さあ』 ハ級「ウィッス」 リ級「ソウカヤルノカ」 レ級「ヤルナラヤラネバ」 漣「土下寝でもなんでも全力で謝罪するから許してってか助けてー!!」 おわれ くぅ疲 メリークルシミマス せっかくの日なんだからなんかしたいなって思ったのと深夜テンションが合わさり変なのが思いつきました 現行スレであるツンドラの方で書いても良かったんだけど、脳内的に時間軸が随分違うので別に建ててやるかーってなった次第 にしても深夜テンションで考えるもんじゃないねっていう。

More

元帥は貴方が電話してくる事を知っていたようですので私が応対するようにと仰せつかっております。

More

それより提督、何人もの艦娘からいろいろな問い合わせが来ていますよ」 提督「……中身は」 大淀「生きていて良かった、という娘もいれば、怒り心頭の子もいますね。

More

例えばお前が踏んでいる花のように」 天龍「お? おお……」 木曾「次に顔を合わせる時には手ぶらじゃないことを祈るぜ、これでも相当焦っているからな」タッタッタッ 天龍「……冷静に……か、難しいこと言ってくれるな、オイ」 天龍「けどその通りかもしんねえな。

More

提督は急に起こった出来事に対処する力を持っていないのである! なので分からない事など電話してもらえればいいのですが」 提督「なんかすみませんね・・それで?」 大淀「電話ボックスから掛けられるとちょっと面倒な手続きが必要になりまして鎮守府からの電話で掛けてもらえませんか?」 提督「ねえよ!!」 大淀「え?」 提督「だから!電話ないんだよ!支給してくれないんだよ!なんでわざわざ電話ボックスで掛けなきゃならないんだよ!」 大淀「そうだったのですか・・電話ボックスが好きなのかと」 提督「こんな金食い虫なんて大嫌いだ!」 大淀「・・・・・・・・」 大淀「分かりました。

More

何故なら漣がドアを開けた瞬間、あけぼのちゃんは俺の顎下に膝を滑り込ませ、こたつ布団で俺の頭部を覆いそのまま強く抱きしめたからだ 提督 抱きしめてるってーか抱き押さえられてる感じだがな。

More

139• 皆がどんな反応をするのかみたいだろ?」 「それはそうですけど、も死んじゃうんですよ?」 「のためならは選ばないぞ」ニ. とりあえず今まで探したところをもう一度探してみるか!」 江風「はっ、はっ、はっ、ホントに見つかんのかよ? 鎮守府全域だとすっと、もう探し出すのは現実的じゃ、ねえだろ?」 時雨「それなら大丈夫だよ、鎮守府全域じゃなくてこの司令部の敷地内にはいるはずだから。

More

残り時間はそうないけど」 曙「排水溝の中でも潜んでんじゃないの、文字通りのクソ提督ってね、けっ」 朧「曙は何でそんなに荒んでいるのかな……」 曙「熱のせいよ、このくだらないかくれんぼが終わったら私の鋼鉄の右足でアイツの黄金を蹴り砕いてやる」 朧「色々とシャレになってないよそれ」 大淀『フタサンマルマルです、ただいまを持ちまして当司令部行事"提督を探せ!"を終了とします。

More

新米提督苦労譚~艦娘たちに嫌われながらも元気に提督してます~ 徹頭徹尾突然で尻切れトンボ。

More