ムゲン 団 - 闇ユウリ (やみゆうり)とは【ピクシブ百科事典】

ムゲン 団 - 【完結】ムゲンのかけら

ムゲン 団 - エール団 (えーるだん)とは【ピクシブ百科事典】

概要 『』の登場人物のひとり。 スーツ姿と髭が特徴の中年ほどの男性。 元はで働く鉱夫であったらしいが、何らかのきっかけでへと転身。 元より優れた商才の持ち主であったらしく、次第に頭角を現し始め、現在では巨大企業グループ: のとして多数の鉱山や企業を所有するに至り、の発展に貢献している。 同時にガラルの委員長であり、自身もジムチャレンジ準優勝経験者。 を導入したバトルにより、ガラル地方のポケモンリーグを世界的に有名にした。 元々炭鉱夫であったためなのか、繰り出すポケモンはすべてのポケモンであり、いわば本作のはがねタイプのエキスパート枠でもある。 人を見る目もあり、元チャンピオンから紹介された現チャンピオンを推薦した過去もある他、アニメ『』では研究に行き詰っていたを引き抜き、彼女のダイマックスに関する研究を大成させている(詳細は語られていないが、これが後のガラルリーグへのダイマックス導入の大きなきっかけになった可能性が高い)。 今回もを推している……はずなのだが、再会した時は 名前をど忘れしていた。 他にも、ダンデが推しているにも注目している。 一方で 有名に成りすぎており、お忍びで冴えないジョギングスタイルで赴いても外ではが人盛りに集まってしまっている。 尤もそうした野次馬に対しても「皆さまの支えがあってこそ」と邪見にはせず、律儀にサインやを配布しているようで、秘書のオリーヴからはそうした旺盛すぎるサービス精神を窘められる一幕もあった。 公式イラストではあまり気にならないが、ゲーム中でのスーツ姿やジョギング姿では、 年齢ゆえか若干ようにも見える。 プライベートでジョギングに勤しむのは、の一環という側面もあるのかもしれない。 ちなみにゲームスタート時、過去作では通例ならその地方の(本作なら)が発言する「ポケットモンスター…縮めて『ポケモン』」の文言と解説は、剣盾では彼がスタジアムの観客に問いかける形で進行する(合わせて呼び出すポケモンは)。 後述の解説を考慮しても、良くも悪くも剣盾を象徴している人物と言っていいだろう。 実は、彼がトップを務めるマクロコスモスグループは、 今作のもう1つの敵組織ポジションであった。 とはいえ、ストーリーの終盤でこちらの妨害をしてくるという形での「敵」ポジションであり、今までのような悪事を働くことそのものを目的とした「悪の組織」ではない、 真っ当な会社である。 組織の構成員も自己中心的でポケモンを道具としか見ていないような『見るからに悪人』という者はまったくおらず、『企業のいち従業員』として立ちはだかっている。 前作のようなというのも特に無く、秘書であるも、ポケモンを大事にしている事が伺える描写が見られる。 彼自身も、自身が優遇したせいで天狗になり問題を起こしたへ情に流されず厳しい判断を下す辺り、委員長や社長としての立場相応の冷酷な判断も辞さない一面もあるが、それでも処分はジムチャレンジ資格剥奪に留めており、このことから、トレーナー生命までは断たず、再起や改心はちゃんと期待していたことが伺える。 少なくとも、気に入っていた人物の悪行を隠蔽して許容しようとしたり、逆に気に食わない人物を粛正しようとしたりなどという悪人らしい考えは持っていなかったと言えるだろう。 本性を現して主人公に戦いを挑み、その結果敗北しても「悪の組織のボス」として主人公を恨んだり貶したりはせず、あくまで表の顔である「リーグ委員長」として、主人公の健闘を称えて拍手をしている。 伝説ポケモンを利用しようとしたのも、個人的な私欲や支配欲によるポケモンや人の支配、世界の征服・破壊を目的としていたわけではない。 パッケージにあるを悪用し、ガラルの支配や破滅を目論んでいた……という訳でもない。 そんな彼は何を目的としていたのか? その答えは「エネルギー」である。 彼は頼みのガラルの産業事情を本気で憂慮しており、 1000年後にはガラルのエネルギー(正確にはその源である化石燃料)が枯渇することを危惧していた。 そんな問題に対し、かつてブラックナイトを引き起こした程の力を持つを目覚めさせ、強硬手段で解決しようと目論んだ。 ローズ本人は あくまで『ガラルの遠い未来』を思って行動したのである。 ちなみに、伏線自体は張られており、の地下にエネルギープラントがあり、シナリオ中盤でここを起点とした謎の地震が発生すること、それと前後する形で野生ポケモンが突然ダイマックスする騒ぎが発生する等している。 詳細は不明だが、これもムゲンダイナを目覚めさせようとする計画の一環だったらしい。 協力を断ったダンデも、ガラル地方最大の興行であるポケモンリーグの決勝戦直前で 「翌日に」実行するのを断っただけであり、「決勝戦が終了した後でなら協力する」と発言していることから、実質タイミング以外は共感、賛同していた節さえある。 ローズはダンデとの会話の中で、「もう100回は話しただろう」と述べていることから、自身の計画について前々からダンデに話していたようである。 とはいえ、ダンデがどこまで計画の内容を認知していたかは不明で、劇中の様な被害が出る危険性があると知れば当然ダンデも反対したであろうが、一般的に見てムゲンダイナの利用そのものには然したる問題はなかったようだ(事実、主人公に捕獲された後のムゲンダイナは実に大人しいもので、同様、調子に乗った人間がやり過ぎさえしなければ、世界にとって害のある存在ではなかった事が窺える)。 しかし、どのような事情があろうとも、今を生きる主人公らとプレイヤーにとっては、「折角の晴れの舞台の決勝戦を直前で台無しにした元凶」「ムゲンダイナの制御に失敗して暴走させた上にチャンピオンの手を煩わせ、それによってコロシアムのポケモン達が強制的にダイマックスして暴れる混乱を招いた敵キャラクター」でしかなかった。 また、直接描写が無いので実感し辛いかもしれないが、後日のホップのセリフではムゲンダイナはダンデに 一時に陥る程のダメージを与えていたとの事で、事件解決自体は迅速に行われたものの負傷者が生じてしまっていたとも言える。 最終的に主人公との直接対決に敗れ、暴走したムゲンダイナがホップや駆け付けたザシアン・ザマゼンタの協力も得て主人公に捕獲されて事態が鎮静化したことを知ると、へとし、されたことが後日語られている。 以降の経緯は一切不明であるが、エンディング後はリーグ委員長及びローズタワーのオーナーがダンデに代わっており、リーグ委員長の地位も辞した模様(ロゴもローズのロゴからタワーをモチーフとしたものに差し替えられており、名称も へと変わっている)。 己の愚行で築いてきた地位も財産も信頼もすべて失ってしまった(あるいは自ら手放した)事は想像に難くない。 一方、手のひらを返して彼を罵倒したり呼び捨てしたりするようなNPCは殆ど確認できず、彼がいかにガラルで慕われていたかがわかる。 手持ちポケモン ポケモン タイプ ・ ・ (キョダイマックス) 前作のグズマに続いて特定のタイプの統一パーティとなっており、彼ははがねタイプのポケモンを使用する。 キョダイマックス時のボールの投げ方は、主人公と同じように両手でのオーバースロー。 はがねタイプの弱点である・弱点を克服しているものがいる中で、弱点だけは全員が共通して持っているので、ほのおタイプのポケモンで挑めばある程度余裕を持って戦えるだろう。 ただし、硬さが持ち味のはがねタイプなだけあって、タイプ一致で弱点を突いても一発で倒れないことがある上に、シュバルゴは、ダイオウドウはとで弱点対策もしているので警戒は怠らないように。 残された謎と考察 シリーズ恒例の 悪の組織のボスポジションのキャラクターであったわけだが、独善的だが悪意や利己心の無い動機から、敵キャラクターではあっても、悪役とまで呼べるのかは曖昧であると見られる事も多い独特のキャラであり、ファンからは 「何故たった一日を待たずに行動に移してしまったのか?」ということが疑問として上げられている(とするのであればそれまでだが)。 彼のレアリーグカードには 「行動こそが正義とのポリシーから、説明もないまま物事を決定する」「良くも悪くも彼のがマクロコスモスを発展させた」と異様にせっかちな人物であるかの様に解説するテキストがある(ちなみにテキストはが用意したもの)。 事実、彼は他人の資質を見極める力に秀でており、代替可能な次世代エネルギー ポケモンにも優しい人工ダイマックス の開発や、効率的に発揮出来る機構の構築 デバイスの効率化 など、誰もが驚く柔軟な発想力を持ち合わせた、指導者に相応しい能力を有していた。 しかし、その一方で、繁栄重視からくる自然環境への悪影響と弊害(大規模な鉱山採掘、ダイマックススポットが存在しないの過疎化、ブラックナイトの暴走から来るダイマックスポケモンの制御不能)と、子供でも学校の授業で学び、少し考えれば解るレベルの栄枯盛衰を、余りにも「 理想家」過ぎて見ようともしていなかった節がある。 「考えている事と会話が異なるため、話がかみあわないと言われる事もある」という、受け取り方によっては奇妙な人物に感じる説明もあり、戦闘時の会話も事件の真っ只中にいるのに妙に能天気であったり(ダンデがムゲンダイナを止めてくれると楽観していたのもあるが)する等、何かと見るプレイヤーもいる。 たった一日だけ待ってくれさえいれば、少なくとも主人公と衝突することは無かったと思われるが、人間がという強大すぎる力を科学的計画で運用できた前例はまず存在せず、大半が世界に悪影響を残すか、不確定要素が重なっての失敗のどちらかしかない。 長々と書いてきたが、かみ砕いて考えてみると、1000年といえば、現実で言えば 中期から現代くらいの開きである。 が摂関政治をしていた時代、現代の化石エネルギーの枯渇の話をしても理解されたはずがない。 我々に1000年後の話をされても、あまりに未来過ぎて想像がつかないと結論付けられるのが関の山だろう。 そもそも産業の構造も、時代背景も、何もかもが違いすぎるのだ。 1000年も経てば時代背景も価値観も、根本から変わってしまう可能性も当然ある。 人類が化石燃料に変わる新たなエネルギーを見つけ出せている可能性だって当然あるのだ。 あまりに高過ぎる理想や使命感が一周したある種の狂気に陥り、本来なら後世に託すべき遥かな未来の救済までも、「自分なら出来る、いや、自分にしか出来ない」と狭窄的に考えるようになってしまった一種の傲慢さこそ、が彼の『 悪行』であり、『 悲劇』であったと言えるのだろう。 とはいえ、彼も 計画が失敗に終わった後に素直に自首しており、戦闘開始前の台詞から自身の行動が一般人にとっては「悪」とみなされるものであり、理解を得るのが難しいであろうと察していた節もある(後者に関しては、自分の主張が理解されないことへの苛立ちや自虐も込めていた可能性もあるが)。 作中では、マグノリア博士や、、、ダンデ等が継承者を発見できているのに対し、ローズは後代に未来を託さずしようとした点でも対照的に描かれている。 ただ「その時点でなら解決する事もできたのに先送りにした結果、 現在問題が発生している(最悪の場合、 最早手遅れの状態になっている)」という事例は現実世界においても多々起こっており(任天堂自体も同じことを経験しており、の設立の経緯がまさにそれ)、「未来に託す」ことが必ずしも最良な選択とはなりえない場合があることもまた確かである。 ポケモンでいえばの乱獲による化と過剰な保護による社会問題などはその一例で、これらの長期的問題を「未来に託す」として放置すればどうなるかは明白である。 そのためローズ会長が「今やらねばならない」と思いつめたこと自体は、一概に悪と断じる事は決してできない。 早急に一人で推し進めようとした、その方法が間違っていただけなのだ。 そして我々の現実でも迫り来る化石燃料の枯渇問題、、といったシンパシーを感じなくもない実例が既に多数実在しており、それもまたネット界隈で考察が活発になる理由の1つだろう。 薄明の翼 CV: 第一話から全話 特別編を除く に渡って登場。 ジョンやトミー等の闘病生活を送る子供たちのいる病院の慰問に訪れたり、成績不振のルリナに圧をかけたり、埋もれた研究者だったオリーヴとの出会いなどが描かれている。 この『薄明の翼』はゲーム開始前のエピソードであるため、まだムゲンダイナを用いた計画等に関する描写は一切なく、ローズも真っ当な経営者・リーグ運営責任者としてしか描かれていない。 ただし、1話でアーマーガアタクシーに乗り込もうとした際、 アーマーガアに激しく威嚇されるというシーンがあり(タクシードライバー曰く「簡単に他人になつかない」ためとのことであるが)、ある意味ではこれがゲームにおける彼の行動の伏線になっていたともとれる。 アニメ 『 素晴らしい…まさに無限のエネルギーだ…』 『 多少の犠牲はやむを得ない ガラルの未来のためだ』 CV: にも登場。 だいたいの設定はゲームと同じだが、 ポケモンリーグに関わる設定が全く言及されていないという違いもあり、ダンデは一貫してローズのことを「委員長」ではなく「ローズ 社長」と呼んでいる。 ひょっとすると、アニメではポケモンリーグ関係者ではないのかもしれない。 なお、何故か番組表ではキャストが氏と誤植されていた。 ダンデとキバナがバトルする回で先行登場。 2人のバトルを観戦していた。 その後ソード・シールド編にて本格登場。 ナックルシティの地下にあるマクロコスモス社の格納庫を眺め、が放つエネルギーを見て、当項目最初のセリフを放っていた。 後に視察に来ていた炭鉱場でキョダイマックスし暴走していたを鎮圧したダンデとサトシと邂逅。 サトシの実力を高く買い、彼をローズタワーへ招待しご馳走をふるまい、自身の援助を受けないかと提案するが断られる。 なお、サトシのピカチュウは初対面のローズに対して非常に警戒心をあらわにしていた上、かつて共にダイマックスバンド開発を成し遂げたマグノリア博士からは「目的のためには手段を選ばない」「狂気を感じる」と評されているが… その目的はゲーム本編とほぼ同じであった…のだが、本作のローズは 「かつてエネルギーを得るために鉱山で働いていた父がいたが、不慮の事故で帰らぬ人となってしまった」という過去について語っている(この設定がゲームでも存在するかは不明)。 ブラックナイトを起こそうとしたのも無限大のエネルギーがあれば父のような悲劇が起こらずにすむという考えも一因であった。 ブラックナイトことムゲンダイナを止めようとするサトシをダイオウドウとナットレイで足止めするが、ダイマックスの類は使わず、サトシのリオルが進化したルカリオに2匹とも撃破される。 その後ヘリに乗ってムゲンダイナの圧倒的な戦闘力に歓喜するが、の助力あって形勢が逆転し、最終的に敗北したムゲンダイナがゴウにゲットされる結末に終わる。 今までにない狼狽ぶりを見せ、戦いの余波でヘリを不時着させられた後はオリーヴ共々消息不明となった。 第7世代以降のアニポケにしては、珍しくサトシたちと和解する傾向がある。 一方でローズは 自身の目的、ガラルの未来の為なら多少の犠牲はやむを得ないという一殺多生な(ある意味傲慢な)考え方も見え隠れしており、 ムゲンダイナを利用する事によって、自身と同じ境遇の人間を多数生み出しかねない事までは頭が回っていなかった可能性もある。 私利私欲ではなかったといえ、アニポケでは目的の為なら犠牲は当然という独善的な思考、原作や「薄明の翼」では見られなかった不利になれば逃走を図る狡猾な側面が強調され、野心家らしくなっており、自身と同じ境遇の人間を多数生み出しかねない危険性に気づいても無視する等、「極端な思想に囚われている悪人・狂人」として描かれており、であった。 関連タグ• 利己的な欲望ではなく、少なくとも誰かの救いになろうとして動いた結果、失敗して滅亡の危機を招いたという点が共通。 ……2世代前の悪の組織ボス。 「産業界の大物」「やと旧知の間柄」「人の営みが原因でモノが枯渇する未来を憂えていた」「がいる」など、意外と共通点は多い。 ただし、やり方は間違えても 善い志そのものは保ち続けたローズと異なり、彼は 早々と人間を見限り、その数を減らすことで理想を実現させようという大変非情な方向に方向転換しており、この点が大きな違いとなっていることも留意すべきである。 ……に登場する悪役で、地域一帯を巻きこむ大惨事を引き起こさんとした傲慢な人物。 やはりサトシ一行に野望を阻まれている。 ただし、傲慢な心もあったとは言え根底には善意があるローズとは異なり、彼には善意らしきものは見られず「 ポケモン映画史上最凶最悪! 」というキャッチコピーすら付けられる始末。 愛染は特定の地域を活性化させた名士として扱われていたという設定が酷似している。 檀黎斗は点で類似している。 他のはがねタイプの使い手 関連記事 親記事.


「もいちど こどもに もどってみたい もいちど こどもに もどってみたいの いちにち だけでも なれないかな」 「なれっこないよ」 「…っ!ムゲンダイナァァァァァァァァァッ!」 関連記事 親記事. ローズ本人は あくまで『ガラルの遠い未来』を思って行動したのである。

More

けれど、そのローズという人物は待たなかったという。

More

(ちなみに、サッカーの発祥もガラルのモデルである(厳密には)とされている) 一部ファンからはマリィが現れた際の反応から『』や、日本のプロスポーツ観戦においても見られる球場やスタジアムで過激なヤジを飛ばすような迷惑なファンに例えられるが、元ネタとされるフーリガンは そんな生温いものではなく、場所を問わない、で武装しているなど手段を選ばない傾向にある上に、対戦相手の選手たちが利用するやホテルを襲撃したり、や等のやなどの過激派組織に組したり、国内の反社会的勢力から活動の援助を受けていたり、やへのや単に暴れる事そのものが目的になっている者も多く、イギリスやなどの諸国では大きな社会問題になっている。

More

設立経緯については、 「ユウリが設立した」 「を再編した」 「かつてのをヒントに マリィが設立した "ユウリの応援団" が母体」など。

More

一応のホテル・ロンドロゼにも時計塔らしき建物は見受けられるが、単なる背景としての扱いで、プレイヤーは足を運ぶことはできない上ストーリーには絡まない(一応、主人公一行はこのホテルに宿泊してはいたようだが)。

More

過去を取り戻して、未来を手に入れるの。

More

ミミッキュを先頭に据え、残りの2枠にザシアン・ザマゼンタのどちらか+ムゲンダイナといった構成にすれば、種族値の高さにものを言わせてある程度のゴリ押しも可能。

More

「正体を隠す必要があるなんて、やはり後ろめたいことがあるんだ。

More

貴女が難しく考える必要はないって言ってくれたのも何だか嬉しかった!でも、それでも僕には貴女が正しいかどうかがわからない!だから、ポケモンバトルをしよう」 何も難しく考える必要はないし簡単だ。

More

同時に、これは塔の頂で異形の姿になったムゲンダイナを相手取るという、 かつての冒険の再現ともなっており、「過去に戻りたい」というユウリの願いを一時的かつ間接的にではあるが実現しているという皮肉にもなっている。

More

概要 『』の舞台である で活動するトレーナーの集団。

More

「どうして、「」ウリさんが!?」 その姿は、まるでホップのようだ。

More