爪 を 噛む 癖 の ある 人 - 爪噛み・深爪疑惑の芸能人20選まとめ

爪 を 噛む 癖 の ある 人 - 爪を噛む癖のある男性は要注意?!気になる男性の指先でわかる性格

爪 を 噛む 癖 の ある 人 - 爪噛む癖を治したい人必見!対策・改善方法まとめ

Contents• 【男女別】爪を噛む人の心理とは? 爪を噛む人には、特有の心理があることを知っていますか? またその心理は、男女によっても少し異なるもの。 まずは、爪を噛む人の心理について男女別に紹介します。 男性が爪を噛む心理 男性が爪を噛む心理には、以下の3つが挙げられます。 人間関係のストレス 男性が爪を噛んでしまうおもな心理は、ストレス発散です。 男性は、比較的ストレスに弱い生きもの。 うまく発散できず我慢してしまう人が多い傾向があります。 また、ストレスをため込みやすく、うまく外に発散することができない人、自分のなかでこらえてしまう人は、爪を噛むことでストレスを発散し、心を落ち着かせようとするのでしょう。 精神年齢が低い 爪を噛む癖には、誰かに甘えたい・かまわれたいという気持ちがあらわれている場合もあります。 子供のころから爪を噛む癖がある男性に多い傾向です。 小さなころから爪を噛むことでさみしい心をなぐさめ、自分の心を落ち着かせてきたのでしょう。 精神年齢が低く、大人になりきれていない男性は、爪を噛む癖を直せずにいる場合が多いです。 不安、情緒不安定 「爪を噛むとなぜか気持ちが落ち着く」と、爪を噛むことに安心感を覚える人も少なくありません。 集中しなければならないときや、がんばらなければならないとき、心が落ち着かないとき、不安になるときは誰にでもあるでしょう。 それが原因となり、爪を噛むことで安心する人もいるのです。 爪を噛むことで心が落ち着く、というのは理解しがたいことかもしれませんが、大切な会議の前にタバコを吸ったり、スポーツ選手がガムを噛んだりする行動と似ているかもしれませんね。 女性が爪を噛む心理 女性が爪を噛む心理も、基本的には男性と同じです。 しかし女性は、ストレスよりも不安解消のために爪を噛んでしまう傾向があります。 体調や環境の変化のストレス 女性は、男性と比較するとストレスには強いといわれており、うまく発散する方法を知っている人が多いです。 しかし、女性特有の体調の変化や、結婚・妊娠など環境や身体の変化により、自分ではコントロールできないほどの強い不安を感じたり、感情が不安定になることがあります。 不安、寂しさ 女性は加齢や出産準備に伴う特有の体調変化があります。 体調だけでなく、心も不安定な状態に陥ることが少なくありません。 身体と心が不安定になると、不安や寂しさでいっぱいになりますよね。 噛み癖のある人にとって爪を噛む行為は、そういった不安や寂しさを落ち着かせる効果があるのでしょう。 爪を噛む人の特徴5つ 爪を噛む癖がある人には、いくつかの共通した性格傾向や心理的特徴があります。 大きく分類すると 「ストレスに弱い人」「精神的に幼い人」が挙げられますが、ほかにも意外な特徴が隠されているのです。 爪を噛む人の特徴を知れば、爪を噛む心理についてもより深く知ることができるでしょう。 イライラしている ものごとがうまく進まない、自分の思い通りにいかないなど、イライラしているときに爪を噛む人が多い傾向にあります。 イライラをコントロールすることが苦手な人は、 爪を噛むという行為でイライラを紛らわせようとします。 うまくイライラを解消する手段を持たない人は、自分のなかにストレスをため込んでしまうため、爪を噛む癖がなかなか直りません。 かまってちゃん 爪を噛む癖を注意してくれたり、心配して優しい言葉をかけてもらえることが嬉しくて、爪を噛む癖が直らない人もいます。 いわゆる「かまってちゃん」ですね。 誰かに気にかけてほしいという思いが強く、寂しがり屋な人に多いです。 背景には、 幼少期の親からの愛情不足や思春期のトラウマが関わっている場合も少なくありません。 完璧主義 完璧主義の人はストレスに弱い傾向にあり、計画に少しでもズレが生じたり、急遽予定が変更になると強いストレスを感じてしまうようです。 自分の思うとおりにものごとが進まないと、イライラしたり焦りを感じてしまう完璧主義者は、 爪を噛んで心を落ち着かせることが癖になっている人も少なくありません。 精神的に弱い 爪を噛む癖をもつ人は、繊細で傷つきやすい人が多く、常になんらかのストレスを抱えています。 爪を噛むという行為は、いわば自傷行為のひとつ。 精神的に弱い人ほど、 ストレスを外に出さず自分のなかで処理しようと抱え込んでしまう傾向があります。 デリケートな人ほど、他人を傷つけるのではなく、自分を傷つけてしまうのですね。 手持無沙汰のルーティン 目的もなくスマホを見たり、毛先をいじったりするのと同じように、手持ち無沙汰のルーティンとして爪を噛む人もいます。 完全に無意識であり、意味も目的もない行為。 「なにもしない」という時間に耐えられない人に染みついてしまった習慣なのでしょう。 爪を噛む理由 爪を噛む癖は、噛まない人にとっては理解しがたい癖といえます。 しかし、噛み癖がある人にとっては理由があり「意味のある行為」だからこそやめられないのです。 爪を噛む理由や噛むことで得られる効果を知ることで、噛み癖がなかなか直らない理由が見えてくるかもしれません。 ストレス解消の1つ 爪を噛むという行為は、ほとんどの人にとってストレス発散でしょう。 仕事やトラブルで生じたイライラや焦りを、爪を噛むことで解消しているのです。 噛んでいるあいだは嫌なことを忘れられるという人や、傷の痛みすら気持ちが良いという人もいます。 噛み癖を直したいと思うほど「直そう」という心がストレスとなり、噛み癖がひどくなる場合も。 噛み癖がある人にとって爪を噛むことは、大切なストレス解消法なのでしょう。 安心材料になっている 爪を噛む癖が、心を落ち着かせる安心材料になっているという人もいます。 子どものころからの癖であれば、 無意識に安心する行為となっているのでしょう。 子供のような愛情欲求 愛情が満たされない欲求不満を抱えているケースもあります。 子どものころ、ママを恋しがって指をしゃぶっていた延長で、爪を噛むようになる人も少なくありません。 爪を噛むことで、 さみしい気持ちやかまってほしいという思いを落ち着かせるようになり、大人になってからも癖が抜けないのでしょう。 爪を噛むことで病気になることも… 爪を噛む癖が心を安定させてくれるのであれば、無理に直さなくても良いのかもしれません。 しかし爪を噛む癖は、 思わぬ病気を引き起こす可能性があります。 なので、 できれば爪を噛む以外のことで、心を落ち着かせる方法を見つけた方が良いでしょう。 爪を噛むことで生じる主な病気としては以下の5つが挙げられます。 咬爪症(こうそうしょう) 爪を噛む癖のことを「咬爪症」といいます。 爪の先がなく、爪全体がぷっくりと盛り上がっている特徴的な爪をしています。 深爪 爪を噛むことにより爪が指先よりも極端に短くなり、先端が指に食い込んだ状態をいいます。 痛みを伴う病気であり、症状の程度によっては治療が必要です。 皮膚炎 爪を噛むことで周囲の皮膚が弱くなり、皮膚炎や感染症を起こす恐れがあります。 爪の変形 爪を噛み続けることにより、爪に横線が入ったり、ボコボコになるなどの変形が生じます。 ささくれ、出血 爪を噛むことで、爪や皮膚が弱くなりささくれができやすくなります。 ささくれや、噛んだ爪・皮膚から出血する可能性もあります。 爪を噛む癖を治す方法4つ 爪を噛む癖は、心を落ち着かせたりさみしい気持ちをなぐさめたりと、人によっては大切な意味をもつ行為です。 しかし、怪我や病気のリスクを考えると、爪を噛む癖は直すほうが望ましいですね。 「物理的に爪を噛むことができない」状態を作ることで癖をなくし、なにか別の方法で心を落ち着かせる対処法を身に着けることができれば、噛み癖は克服することができるでしょう。 まずは、噛み癖を直すために今すぐ始められる簡単な方法を4つ紹介します。 爪をギリギリまで短くしておく 爪を噛むことができないよう、常にギリギリまで短くしておくというのはもっとも手軽な方法といえます。 爪を噛めない状況が続けば、次第に噛み癖が直ることが期待できるでしょう。 爪を短くするだけなので 学校生活や仕事にも支障がなく、誰にでも簡単に出来る対処法です。 ネイルをしておく バイターストップという、爪の噛み癖を直すための特殊なネイルを塗ることもおすすめの方法。 噛むと苦味のあるネイルなので、噛むことがイヤになるはずです。 もちろん人体に害はありません。 市販の商品もありますし、ネイルサロンで施術してもらうことも可能です。 また、マニキュアを塗っておくことも、噛み癖を直すには効果的でしょう。 手袋をつけておく 物理的に爪を噛めない状態にするという意味では、手袋をつけておくのも対処法のひとつ。 簡単に外せては意味がないので、 ベルトやボタンのついた手袋を使うと良いでしょう。 目立ちしますし、仕事によっては手袋を装着できないという人もいますが、本格的に爪の噛み癖を直したいと思うなら有効な方法といえます。 常に意識しておくことが大切 爪を噛むというのは、無意識で行ってしまうことが多いでしょう。 無意識の癖を直すには、噛み癖があるということを自覚し「噛まない」と意識することが大切です。 さまざまな対策も「噛まない」という意思がなければ効果が薄れてしまいます。 本格的に癖を直したいと思うなら、 癖を克服した人の体験談や専門家への相談などを行い情報を集め、強く意識することが大切といえます。 爪を噛む癖を治して自信をもって恋をしよう! 爪を噛む癖を治すことができた人は、恋することにも自信が持てるようになるはず。 ただ、いざ前向きに出会いを探そうとしても、出会える機会や場所がなかったりと難しいものですよね。 そこでぜひ活用してほしいのが「 ハッピーメール」です。 会員数2,000万人を超えるマッチングアプリで、 24時間365日いつでも自由に出会いを探すことができます! 幅広い年齢層や価値観を持った異性と出会うことができるので、理想の恋を見つけたい方はぜひ登録して使ってみてください。 恋の相手に気持ち悪いと思われる!爪を噛む癖は絶対直しましょう! 爪を噛む癖は、見た目にはお世辞にも好印象とはいえず、 不潔なイメージを与えてしまうでしょう。 また、イライラしやすい、かまってちゃんといった内面を見抜かれてしまう可能性もあります。 また、「爪を噛む人」というだけで、はじめから恋愛対象にされないことも。 恋がしたいなら、爪を噛む癖は絶対に直すことをおすすめします。 時間はかかると思いますが、癖は必ず直すことができます。 「絶対に直す」という強い意思を持ち、噛み癖を直してステキな恋を手に入れましょう。


噛むと苦味のあるネイルなので、噛むことがイヤになるはずです。

More

噛み癖でダメージを受けている場合は、避けた方が良いかもしれませんね。

More

爪を短くするだけなので 学校生活や仕事にも支障がなく、誰にでも簡単に出来る対処法です。

More

(3)爪の様子を写真で比べる 噛み続けた爪の写真を撮って、戒めとして見えるところに貼っておくのも良い方法です。

More

お金をかけてネイルをする• 痛みを伴う病気であり、症状の程度によっては治療が必要です。

More

しかし直せないというわけでもないので 出来ることならば直したいものです。

More

情緒不安定• 心のストレスが原因とかいろいろ言われている爪を噛む癖なんですが、G一般的に知られている知識には"間違っているところも多い"ので、今回は爪を噛む癖について真面目にまとめてみました。

More

噛み癖は人を遠ざけるため、できることなら全てやめておくことをおすすめします。

More