三菱 重工 株価 推移 - 三菱重工業 (7011) : 時系列の株価推移 [MHI]

三菱 重工 株価 推移 - 三菱重工業(株)【7011】:株式/株価

三菱 重工 株価 推移 - 三菱重工業(株)【7011】:連結決算推移

ボーイングにはなれなかった… (文 マネー現代編集部) 三菱重工業 7011 が「三菱スペースジェット 旧MRJ 」の開発を事実上「凍結」したことを明らかにしたのは、10月30日のこと。 国内初のジェット旅客機プロジェクトとして2008年に開発がスタートし、三菱航空機として事業を子会社してから、気付けば12年が経過していた。 全日空 ANA からの注文を受け、当初は2013年の納入を目指して動き出した旅客機開発だが、5度の延期を繰り返し、「2020年半ばの納入も絶望的」と報じられていたところだった。 大きな障害になっているのは、2016年、海外の専門家から旅客機の安全性および環境性能を保証する『型式証明』に適合しないことを指摘され、設計の大幅な見直しを迫られたことに端を発する。 「国産ジェットの開発を成功させることで、世界的なベストセラーとなったボーイング社の『ボーイング737』の後釜を担う地位を確立したいとの思いが三菱重工にはあったと考えられます。 ちなみに、737-700型機の内側フラップの製造など、ボーイング社との関係も同社は長い。 ところが、『ボーイング737MAX』で2度の墜落事故が起こり、受注取り消しが相次いだことは、三菱重工にとっても大きなインパクトでした。 直近では、コロナの影響で『ボーイング787』の減産も検討中との報道が出ています。 こうしたなかで、経営計画の大幅な構造転換を迫られた結果と言えます」 経済アナリスト 同社の発表によると、2018-20年度の前中期経営計画では、スペースジェット事業でおよそ3700億円のキャッシュアウトを行なっていた。 だが、21-23年度の新中期経営計画では、スペースジェット関連事業の予算はわずか200億円にまで圧縮されるという。 95%近くのダウンだ。 発表から「上げ相場」に転じた 「『撤退ではない』と三菱重工は頑なに主張しますが、3年間でわずか200億円の開発費で、これまで完成しなかった旅客機が完成するはずがありません。 1兆円規模とも言われる巨額な予算を突っ込み、トヨタ自動車や三井物産、日本政策投資銀行など大企業の出資を受け、ステークホルダーも多い。 『やっぱり無理でした』と引っ込みがつかなくなったゆえの『200億円』と見るのが妥当でしょう」 前出・アナリスト 創立は1884年、三菱重工にとって「日の丸旅客機」の開発は悲願そのものであったことに違いない。 サイズと用途はだいぶ違うが、民間飛行機ではホンダが手がける「ホンダジェット」が好調であり、忸怩たる思いもあるのかもしれない。 だが、多額の出資を受けながら毎年およそ1200億円のキャッシュを食いつぶし、成果が出る予定すらないという状況では、天下の「スリーダイヤモンド」であっても計画の見直しは仕方のないことだろう。 夢の計画の事実上凍結に、マーケットは厳しい評価を下す…かと思われたが、実際はそうではなかった。 11月以降、三菱重工株はむしろ「上げ相場」に突入。 12月11日は、今年底値の2192円 10月20日 から500円以上も高い2742円で取引を終えている。 的中率ズバリ80%を超える『DeepScore株価予報AIエンジン』 DeepScore社開発・運営 の分析によると、今週の日本株市場では三菱重工の「リバウンド相場」が引き続き続くと予想される。 「反発相場」が続く企業 夢の計画見直しが好材料になるとは、ある意味皮肉なことだ。 DeepScore社企画調査部長の藤本誠之氏はこう解説する。 「開発費減少による損益改善効果が大きく、キャッシュフローの好転や還元増にもつながるとの思惑から、株価は堅調に推移しています。 直近も、新型イージス艦2隻の建造や、国産の長射程ミサイル開発を行う方針が報道され、同社の名前が挙がったことから反発相場が続いています。 しばらく、リバウンド相場が続きそうです」 三菱重工の2020年度事業利益見込みは500億円。 これに年間1000億円単位の開発費が浮くとなれば、経営状況は大きく変わる。 次の課題は、その浮いたキャッシュを何に使うのかーー。 今後も、日本の重工業をリードする名門の動向と決断から、目が離せない。 続いて、AIエンジンが「反発相場」を予測する企業をもう1社紹介しよう。 それは、ウエルシアホールディングス 3141 だ。 イオン子会社のドラッグストア最大手企業であり、衛生用品の売り上げ爆増で、今年上半期「コロナ銘柄」の代表格でもあるウエルシアHD。 それにともなって株価も急上昇したが、その後は上値の重い展開が続いていた。 だが、12月に入り全国で感染者が急増、ふたたび消毒液などを買い求める人も増えた結果、ドラッグストア業界はマーケットの注目を浴びることになった。 「アマゾン薬局」のインパクトはどうなるか 前出・藤本氏はこう言う。 「7月30日に上場来高値の5050円をつけてから反落相場が続き、12月7日には3845円の安値をつけました。 消費増税のあった去年との比較ですが、10月の既存店売上高も10. 5%増に着地。 7ヵ月ぶりの前年割れとなった9月からリカバリーしました。 悪い材料はそれほど出ていない状況ですので、ここから反発相場に入り、しばらく続くのではないかと見られます」 アメリカでは11月、アマゾンがネットで処方薬を買えるようになったことを発表。 既存ドラッグストア関連株が大幅に下落する事態が起こった。 一定の需要が期待される医薬品、いきなりどんなゲームチェンジが起こるかわからない。 ウエルシアHDの「次の一手」にも注目だ。 最後に、今週の日本株市場「大注目銘柄」をもうひとつ紹介しよう。 それは、博報堂DYホールディングス 2433 だ。 コロナの影響で企業の広告出稿がストップし、業界1位電通ともども大きな打撃を受けた広告代理店。 電通に至っては、今期237億円の赤字見通しが出ている。 まだまだ締めくくるには早い コロナショック以降ジワジワと株価を上げてきた博報堂DYHDだが、今週の日本株市場では「上値の重い展開が続く」と言う。 前出・藤本氏はこう解説する。 「リクルート株式売却で売却益67億円を特別利益に計上し、12月2日に2021年3月期の連結最終利益を従来予想の130億円から175億円 同61. 0%減 へ上方修正しました。 しかし、好材料出尽くしで株価は下落基調。 しばらく、上値の重い展開が続きそうです」 今年も残すところ3週間となった日本株市場だが、締めくくるにはまだ時期尚早だ。 米英でワクチンの接種が始まり、コロナの感染拡大は止まるのか、「GoTo」関連事業は、宙に浮いた感もある米大統領選の今後は…。 注目しなければならないニュースはたくさんあるが、今週のマーケットでは三菱重工業、ウエルシアホールディングス、博報堂DYホールディングスの3社にフォーカスしていきたい。 一時的に値が動いた場合、その後目標株価へ収束する可能性が高いゾーンです。 投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。 マネー現代 関連ニュース•


ROE(株主資本利益率)の推移 ROEは(株主資本利益率)は、直近3. 32倍前後です。

More

ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見ていきます。

More

- 1月29日(金)15時30分• - 1月29日(金)15時06分• 三菱重工業の今後をまとめると PERはいまいち、EPSもいまいち、BPSはまあまあ。

More

もちろん業種によってもROEの水準は異なるのでなんともいえませんが、それでも5%は低い。

More

「貯蓄から投資」へなんて言われていますが、投資、とくに分散で投資なんてできないですよね。

More

しばらく、上値の重い展開が続きそうです」 今年も残すところ3週間となった日本株市場だが、締めくくるにはまだ時期尚早だ。

More

- 1月29日(金)16時02分• 防衛関連での利益が高くないことは三菱重工にとってもあまり変わらないようだ。

More

今後の株価はどうなるのか、分析です。

More