らっきょう の 植え 方 - らっきょうを栽培してみよう!初心者でも簡単に育てられる野菜

らっきょう の 植え 方 - らっきょうとラディッシュの育て方【プランターで室内やベランダ栽培】

らっきょう の 植え 方 - らっきょう(ラッキョウ)の育て方・栽培方法【夏植え】

栽培の特徴 種類 科目 適正土壌pH 連作障害 栽培難易度 辣韭(ラッキョウ) ヒガンバナ科 5. 科名属名:ヒガンバナ科ネギ屬(アリウム屬)• 原産地:中国 ヒマラヤ地方• 草丈樹高:低 地上部30㎝~40cm• 日照条件:日なた• 水やり:乾いたらたっぷり水やり• 植えつけ期:8月下旬から9月中旬(球根)• 開花時期:10月~11月• 収穫期 3月下旬~4月中旬(エシャレット)6月(辣韭)• 球根の植えつけから収穫までの期間 210日前後 豆知識 早どりの辣韭(ラッキョウ)は、エシャレットと呼ばれ、生のまま味噌などにつけて食べられます。 らっきょうの栽培期間が長くとしおまたいで翌年の春から夏にかけて行われますが、収穫せずにそのままもう一年栽培を続けて2年物として収穫することもできます。 2年物は比較的小ぶりですが、収穫量は多くなります。 辣韭はあまり肥料を必要とせず、荒れ地でも育ち、寒さにも強い強靭な、栽培しやすい野菜です。 秋にはかわいい花も咲かせます。 辣韭の種類 一般的な辣韭(ラッキョウ) 辣韭の漬物などで知られる一般的に広く流通している辣韭です。 全国でたくさんの品種が栽培されていますが、鳥取県や福井県が有名な産地です。 鳥取砂丘や福井の三里浜のような砂地でも栽培できます。 むしろ、砂地のほうが良質な辣韭が育つとされています。 エシャレット 辣韭を若摂りしたもので、生食にも向いています。 島らっきょう 沖縄県などで栽培される小型のラッキョウです。 春から初夏が旬である一般的な辣韭(らっきょう)と違い、夏の終わりころから秋にかけて栽培され、冬に収穫期を迎える辣韭(らっきょう)です。 ネギに似た強い辛みがあり、塩漬けして鰹節をかけて食べると絶品です。 天ぷらや玉子とじのように、ネギやタマネギと同様の調理法でもおいしく食べられます。 なお、血液硬化を防ぐアデノシンが多く含まれていて、近年、脳卒中や心臓病を回避できる薬効で注目されています。 栽培のコツ 栽培期間や適正気温 辣韭(ラッキョウ)の栽培期間は長く 210日前後です。 秋口に球根を植え付けて、翌年の晩春に収穫します。 栽培期間は長いですが、砂地でも育てられます。 栽培はあまり手間もかかりませんし簡単です。 寒さにも強い強靭な植物です。 連作障害 一般的に連作障害はおこりにくいとされています。 辣韭の栽培期間は長く、年越しして育てます 畑の準備 土つくり• 種まきの2週間ぐらい前に畑に苦度石灰をまき土壌を中和し、よく耕します。 適正土壌pHは5. 0(1平米あたり苦土石灰100g程度)です。 さらに7日から10日前までに、元肥を施し深く耕します。 元肥の目安は 1㎡あたり約2kgの完熟たい肥です。 同時に 化成肥料を施肥(1平米あたり150g程度)しておくといいでしょう。 畑の石や木片など根の障害になるようなものは取り除いておきましょう。 畝立て• 水はけを良くするために、幅60cm高さ10cmほどの畝を立てマルチを張ります。 マルチを張ることで土の跳ね返りによる病気を防ぎ、土を保温し生育を促進んしてくれます。 栽培管理 植え付けと株間• 球根の植え付けの株間は、 10cm~15cmぐらい確保して、マルチに穴をあけて植えつけます。 植え付ける際は3cmくらい土がかぶるように、8㎝くらいの植え穴に1個づつ植えつけます。 植え付けた後は鎮圧してください。 浅植えすると丸い辣韭になります。 5㎝くらい土をかぶせて深植えすると細長いエシャレットが取れます。 土寄せ 根が伸びだすと辣韭は、地上に球根(実として食べる部分)が出てきます。 日光が当たらないように土寄せしてください。 追肥 基本的に追肥は必要ありませんが、生育を見て、葉の色が薄かった場合や勢いがなかったときは、 植え付けから1カ月目と 2月に1回、 計2回の追肥を行います。 1平方メートル当たり化成肥料を1にぎりパラパラとまき与え、土をかぶせておいてください。 ビニールがる場合数か所破いて与えるとOKです。 収穫 収穫の方法はゆっくり、辣韭を痛めないように掘り返します。 1年目の辣韭(らっきょう)として収穫 ひとつの種球を植えたら、それが7個から10個くらいに分球します。 1個当たり5gから10gの大型の辣韭が収穫できます。 2年目に辣韭として収穫 2年前に植えた種球1つが30個から50個に分球します。 大きさは2gから4gと小ぶりの辣韭がたくさん収穫できます。 エシャレットとして収穫 1年目の3月~4月に若摂りしたものが、エシャレットです。 辣韭(ラッキョウ)エシャレットの食べ方 辣韭の食べ方はこちらをご覧ください.


そして夕方ごろに取り込むのですが、保管場所は湿気の多いところではなく、乾燥した風通しの良い場所で保管するのがポイントです。

More

また、3~4月の葉が青いうちに早めに収穫したものは、「エシャレット」として利用されます。

More

間引いた芽をよそに植えたいところですがそこはぐっと我慢してください。

More

また、漬物として作るためきちんと保存すればかなりの期間長持ちします。

More

エシャロットはらっきょうよりも食べやすいので、一度収穫をしてみて食べ比べてみるのも良いでしょう。

More

7を煮沸殺菌した容器に入れ、らっきょう酢をらっきょうがよく浸るまで入れる。

More