生理 体温 下がらない - 高温期が長い!原因は黄体依存症?生理が来ても高温期が続くのは?

生理 体温 下がらない - 生理不順は無排卵月経・不妊症の証?無排卵月経の症状・原因・検査方法・治療法について医師が解説します。

生理 体温 下がらない - 基礎体温グラフでチェック! 高温期が長い? 線がジグザク? 排卵日は?【医師監修】

運動や食事をすると体温が上がりますね。 これは活動のためにエネルギーが消費され、熱が生み出されるからです。 ところが人の身体は安静にした状態でも、生命維持に必要なエネルギーを消費しています。 このエネルギー代謝を「基礎代謝」といい、基礎代謝を行っているときの体温が「基礎体温」となります。 一日のうちでもっとも低い体温とされています。 基礎体温の計測は、朝目覚めたときに安静にした状態で行います。 計測には小数点第二位(0. 婦人体温計は通常、口に入れて舌下で使用します。 測った数値を基礎体温表に記録しておくことで、体温の変化を把握することができるのです。 基礎体温は常に一定ではなく、女性の生理周期にあわせて規則的な変動を見せるのが理想です。 そのため基礎体温の変化をみると、生理周期で起こる身体の変化を予測するのに役立ちます。 女性の生理は3~7日のあいだ性器からの出血が続き、その後一定の間隔をあけて再び生理の出血が起こるという周期性をみせます。 この生理初日から次の生理が始まる前日までの期間を「生理周期」といいます。 1回の生理周期は25~38日間となるのが正常で、この期間に排卵や妊娠の成立に向け身体は準備を整えていきます。 一連のはたらきをつかさどるのは、視床下部、脳下垂体、卵巣です。 まず、脳下垂体から「卵胞刺激ホルモン」が分泌されると、卵巣内にある卵胞が成長を始めます。 卵胞からは女性ホルモンの「エストロゲン」が分泌されるようになり、子宮内膜を成長させます。 この時期を「卵胞期」といいます。 卵胞が十分に成長すると、「黄体形成ホルモン」が分泌され、「排卵」が起こります。 これが「排卵期」です。 排卵で卵子が飛び出した後の卵胞は「黄体」へと変化し、女性ホルモンの「プロゲステロン」を分泌します。 この時期が「黄体期」になります。 プロゲステロンは子宮内膜を着床に適した状態へと成熟させるはたらきをします。 ここで着床が成立しないと子宮内膜は剥がれ落ち、生理が始まります。 生理の出血がある期間を「月経期」といいます。 ホルモンが正常に分泌され、排卵が問題なく起こっていれば、基礎体温は低温と高温の二相を示します。 また、黄体の寿命は約14日間のため、低温相から高温相に移行して約14日たてば生理が始まるのが一般的です。 基礎体温には個人差がありますが、自分の変動パターンがつかめれば、生理予定日や排卵日の予測につながります。 一方で、低温と高温の二相にわかれていなかったり、高温期の日数が短かったりするなど、基礎体温のグラフが理想の形にならないケースもあります。 基礎体温が二相にならないときは、ホルモンの乱れや無排卵月経を疑います。 黄体期が9日未満のときは黄体機能不全かもしれません。 このように基礎体温が周期的な変動を見せないときは、身体になんらかの不調があると考えられます。 生理不順や排卵の状態を知る手掛かりとなるため、妊活にも役立てられています。 基礎体温は排卵日前後に低温期から高温期へと移行します。 高温期に入るのはプロゲステロンのはたらきによるものです。 プロゲステロンは妊娠の成立を促すため、ほかにも子宮内膜を厚くさせたり、水分を貯蔵したり、食欲を増進させたりするはたらきをします。 そのため、むくみ、腹部や乳房の張り、便秘などがあらわれやすくなります。 また、ホルモンバランスが急激に変わることで自律神経が乱れ、イライラや気分の落ち込みが激しくなるなどの症状が出ることもあります。 一般的には基礎体温が下がれば数日以内に生理が来るのが通常です。 しかし、高温相から低温相へと体温が低下したにもかかわらず、生理が来ないことがあります。 これは、ホルモンバランスの乱れが影響し、生理不順が起こっていると考えられます。 ホルモンバランスは、精神的なストレスや身体の疲れがたまっているときに乱れがちです。 生理不順は無排卵などの症状につながる可能性があるため、生理の遅れが2~3周期続くようであれば、一度産婦人科で相談してみると良いかもしれません。 また、妊娠していれば高温が維持されるものですが、体温が低下したのに「妊娠していた」というケースもあります。 これは「インプランテーションディップ」という現象によるものです。 インプランテーションディップは、受精卵が着床するタイミングで一時的に基礎体温が低下することを指します。 インプランテーションディップはすべての妊娠で起こるわけではなく、体温低下が必ずしも妊娠を意味するわけではありません。 しかし、生理予定日から1週間を過ぎても生理が来ないときは、妊娠検査薬を使って検査をしてみましょう。 陽性反応が出ないのに生理が来ないときは、生理予定日が間違っている可能性があります。 もう1週間待って改めて検査をしてみてください。 基礎体温の仕組みと、生理周期との関係性を把握すると、自分の身体の変化をある程度予測できるようになります。 基礎体温のグラフがいつものパターンと違う様子をたどるときは、身体になんらかの不調が隠れているのかもしれません。 ほかの身体の変化にも気を配り、心配なことがあれば医師に相談するなどの対応をしていきましょう。 とはいえ、基礎体温は測り方や部屋の環境などの影響を受けやすいため、実際の体温と誤差が生じることもあります。 継続して状態を記録していくことで、自分のパターンがわかってくれば、様子を見て良いものか、医師に相談したほうが良いかもわかってくるかもしれません。 基礎体温を上手に活用し、生理前後の体調や生理周期にあわせた予定の管理に役立ててくださいね。


排卵後には黄体ホルモンの分泌量が増加していき、黄体ホルモンが卵胞ホルモンより多く分泌されるようになってくるころ、基礎体温は高温の期間に入ります。

More

(ついでに、排卵日も通常生理予定日18日目ですが、そのときは31日目~33日めあたりだったようです) 生理周期 24日 35. お住まいは分かりませんが、私の住む地域などではここ1週間ぐらいでグっと気温が上昇して蒸し暑くなって寝苦しくなりました。

More

そのためには、枕元に体温計を置いておくと便利です。

More

そのまま出血がほとんどない状態が半日以上続いて、3日目・・・出血量が一気に増えました!!2日目に出なかった分がまとめて出たんだと思います。

More

ちなみに低温期と高温期が二層に分かれなければいけないと言いましたが、最終的に重要なのは低温期・高温期のそれぞれの数値ではなくて二層になっている差が3度ちゃんと有るか無いからしいです。

More

2人目なので、1人目のときの体温と比べてももともと低かったのですが、がくんと下がる日がありました。

More