酸化 力 の 強 さ - 酸化力 HClO>HClO2>HClO3>HClO4 酸性

酸化 力 の 強 さ - ハロゲン(フッ素、塩素、臭素、ヨウ素)の酸化力まとめ

酸化 力 の 強 さ - ハロゲンの酸化力の強さを調べる実験

還元力や酸化力の強さはそれぞれ、どうやってわかるのでしょうか? (間違っているような考えがあればご指摘願います。 ) 水溶液中における金属単体の還元力であれば、陽イオンのイオン化傾向でわかります。 これらは、金属単体からの反応でもなければ、水溶液中での反応でもないので、 イオン化傾向で考えるのではなく、イオン化エネルギーで考えるべきなのでしょうか? あと、高校の化学の教科書等には、イオン化傾向と化学的な性質の関係について表になっているものがあるのですが、 イオン化傾向はそもそも、水溶液中での金属単体のイオン化のしやすさの指標ですよね? 「K、Ca、Naは水と反応しやすい。 」や「酸や酸化力の強い酸との反応」などは、いいのですが、「水蒸気と反応しやすい物質」や、「CやCOで還元される物質」というものの判断にイオン化傾向を用いて、理解させることに、若干のナンセンス感を感じます。 皆さんはどう思いますか? cmj25580さん 前半の質問についてですが、イオン化傾向で考えるのも イオン化エネルギーで考えるのも無理ですね。 定義を考えれば、前者は金属の単体、後者は気体状原子に関する概念ですから。 arithmetricalさんがご説明なさっているように標準電極電位を持ち出して考えるしかないと思います。 詳しい大学入試参考書や 図説には、 標準電極電位について 載っているものもあります。 後半の質問ですが、cmj25580さんの感じている違和感は もっともです。 定義から考えれば、本来 化学的な性質の関係の判断にイオン化傾向を持ち出すのは不自然なのですが、化学的な性質の関係がイオン化列とたまたま対応していたことなどから 便宜上 イオン化列と対応させて説明がなされることが多いわけです。 硫化物の沈殿のハナシなんかもイオン化列で説明されますが、これもたまたま当てはまるからに過ぎないわけです。 厳密には不自然であることを認めたうえで、説明の便宜上用いているってことです。 標準電位 E゚ を実験的に調べればよいと思われます。 次のようなガルバニセル 電池 を作った時、その起電力 emf が E゚ になります。 emf=E゚=0. emf=E゚=0. 条件により多少変化する場合がありますが、理論的には E゚ が大きい程 酸化力が強い事になります。 つまり、 E゚=1. 言い換えると「H2」と云う還元剤を基準にして、各還元剤の強さを数値化したものでもあります。 「太陽電池」等は違います。


これは,電気陰性度の差で説明することができます。

More

なので、きっちり身に付けておきましょう。

More

鉄よりもイオン化傾向の小さい「スズ」で表面を覆うことで,錆びにくくなっているのです。

More

サイズが大きいと表面の電荷は薄くなります。

More

oxidation potntial, electrode potential, reduction potential, redox potentialとも呼ぶ.H 2=2H+2eの反応で(eは電子),電子が水素分子から移動する場合で,すなわち水素が酸化して水素イオンとなる反応を標準とした,相対的な反応のポテンシャルをいう.この反応の酸化ポテンシャル( E oまたは E h)は0 で,他の酸化反応が決められ,酸化還元はを0として計算される.酸化還元ポテンシャルは,反応のおよびによって変化する.pHのような環境の酸化還元ポテンシャルは,の形成や溶液の中に特定のが濃集する要因として重要である[ : 1949]. 出典 岩石学辞典について の解説 電子移動で共役関係にある酸化体と還元体の溶液に、白金板のような不可侵電極(それ自身は酸化還元反応に関与しない不活性な物質の電極)を浸したときに現れる電位で、標準電極電位と同じく標準水素電極との電位差で表す。

More

なかでも代表的な病気にはこのようなものがあります。

More

被酸化物に、まずプロトンを付加したのち、次いで、亜塩素酸イオンの酸素原子が求核付加反応します(図2)。

More