源氏 物語 北山 の 垣間見 現代 語 訳 - 「源氏物語:若紫・北山の垣間見〜後編〜」の現代語訳(口語訳)

源氏 物語 北山 の 垣間見 現代 語 訳 - 源氏物語の世界 再編集版

源氏 物語 北山 の 垣間見 現代 語 訳 - 源氏物語『若紫/北山の垣間見』現代語訳(1)(2)

いたう=ク活用の形容詞「いたし」の連用形が音便化したもの、良い意味でも悪い意味でも程度がはなはだしい、 たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形 日もたいそう長いのに、何もすることがなく退屈なので、(光源氏は)夕暮れでひどくかすんでいるのに紛れて、 かの 小 こ 柴垣 しばがき のもとに立ち出で たまふ。 彼の(かの)=あの、例の。 「か/の」と品詞分解する 小柴垣=名詞、細い雑木の枝を編んで作った丈の低い垣根 たまふ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の終止形、尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。 例の小柴垣の所へお出かけになる。 人々は帰し 給ひて、 惟光 これみつの 朝臣 あそん とのぞき 給へ ば、 ただこの 西 にし 面 おもて に しも、 給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連用形、尊敬語。 動作の主体(帰した人)である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の已然形、尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 西面=名詞、西向きの部屋、西の方角 しも=強意の副助詞。 訳す際にはあまり気にしなくてもよい。 (他のお供の)人々はお帰しになって、惟光の朝臣とおのぞきになると、すぐ(目の前の)西向きの部屋に、 持 じ 仏 ぶつ 据 す ゑ 奉 たてまつ りて、 行ふ尼 なり けり。 持仏=名詞、身近に置いている仏像 据ゑ(すゑ)=ワ行下二段動詞「据う」の連用形。 ワ行下二段活用の動詞は「飢う(うう)」・「植う(うう)」・「据う(すう)」の3つしかないと思ってよいので、大学受験に向けて覚えておくとよい。 奉り=補助動詞ラ行四段「奉る」の連用形、謙譲語。 動作の対象である持仏を敬っている。 作者からの敬意。 行ふ=ハ行四段動詞「行ふ」の連体形。 仏道修行をする、勤行(ごんぎょう)する なり=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形 けり=詠嘆の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形。 簾 すだれ 少し上げて、花 奉る めり。 奉る=ラ行四段動詞「奉る」の連体形、謙譲語。 差し上げる。 動作の対象である持仏を敬っている。 作者からの敬意。 めり=推定の助動詞「めり」の終止形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 視覚的なこと(見たこと)を根拠にする推定の助動詞である。 簾を少しまき上げて、花をお供えするようである。 中の柱 に寄り ゐて、 脇息 きょうそく の上に経を置きて、 中の柱=名詞、部屋の中央にある柱 ゐ=ワ行上一段動詞「居る(ゐる)」の連用形。 すわる。 とまる、とどまる。 脇息=名詞、ひじ掛け 部屋の中央にある柱に寄りかかって座り、脇息の上にお経を置いて いと なやましげに読みゐ たる尼君、 ただ人と 見え ず。 なやましげに=ナリ活用の形容動詞「なやましげなり」の連用形、だるそうである、気分が悪そうである たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形。 ただ人=名詞、一般の人、普通の身分の人 見え=ヤ行下二段動詞「見ゆ」の未然形。 思われる、感じられる、見える、見られる。 「ゆ」には「受身・自発・可能」の意味が含まれていたり、「見ゆ」には多くの意味がある。 ず=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形。 たいそうだるそうに(お経を)読んでいる尼君は、普通の身分の人とは思えない。 四十 よそじ あまりばかり にて、いと白う あてに やせ たれ ど、 つらつきふくらかに、 に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形 あてに=ナリ活用の形容動詞「貴なり(あてなり)」の連用形。 身分が高い、上品だ、高貴である やせ=サ行下二段動詞「痩す(やす)」の連用形 たれ=存続の助動詞「たり」の已然形、接続は連用形。 ど=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。 つらつき(面付き)=名詞、顔つき 四十過ぎぐらいで、たいそう色白く上品にやせているけれど、顔つきはふっくらとしていて、 まみ のほど、髪の うつくしげに そが れ たる 末も、 目見(まみ)=名詞、目元、目つき うつくしげに=ナリ活用の形容動詞「美しげなり」の連用形、かわいらしい様子である、美しい様子である そが=ガ行四段動詞「削ぐ(そぐ)」の未然形。 切り落とす、切りそろえる れ=受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。 「る・らる」は受身・尊敬・自発・可能の四つの意味がある。 たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形 末=名詞、端、末端 目元のあたりや、髪の毛がきれいに切りそろえられている毛先も なかなか 長きよりも こよなう 今めかしきもの かなと、 あはれに見 給ふ。 中中(なかなか)=副詞、かえって、むしろ こよなう=ク活用の形容詞「こよなし」の連用形が音便化したもの、違いがはなはだしいこと、この上ない、この上なく違う。 今めかしき=シク活用の形容詞「今めかし」の連体形、現代風である かな=詠嘆の終助詞、接続は体言・連体形 あはれに=ナリ活用の形容動詞「あはれなり」の連用形、「あはれ」は感動したときに思わず口から出る言葉「ああ・はれ」に由来するので、「心を動かされる」といったニュアンスで使う。 文脈によって「美しい、悲しい、かわいそうである、不憫である」などと訳す。 給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の終止形、尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 作者からの敬意 かえって長い(髪)よりもこの上なく現代風なものだなあと、しみじみと(心を動かされて)御覧になる。 続きはこちら.


玉鬘は偶然、柏木たち血のつながった兄弟の楽を聴いて感動する。

More

全文検索プログラムで、検索結果に注釈が表示されるとき、注釈見出しに対応する本文を薄黄色でマークしますが、見出しと完全に一致しないとマークされないようになっていたものを、HTML版の注釈リンク同様、句読点や引用符の有無程度の違いであればマークされるよう改善しました。

More

太政大臣も口をお入れになったことがあるのに、それでも私が強硬だったものだから、今になって大臣はそんなふうに勧められるのだろう。

More

歌などもわざとらしいものが選ばれてある。

More

小池笑芭• 宮は源氏と前斎院との間に以前あった 噂 ( うわさ )も知っておいでになったので、 「どんなおたよりがあちらから来たのでしょう」 とお言いになって、好奇心を起こしておいでになるふうの見えるのを、源氏はただ、 「失礼なお願いを私がしましたのを、すぐにその香を作ってくだすったのです」 こう言って、お手紙は隠してしまった。

More

田舎育ちにもかかわらず、美しく聡明な玉鬘に源氏は満足する。

More

『源氏物語』の現代語訳:桐壺1(現在位置) [古文・原文] いづれの御時(おおんとき)にか、 女御・更衣(にょうご・こうい)あまた侍ひ給ひ(さぶらいたまい)けるなかに、 いとやむごとなき際(きわ)にはあらぬが、すぐれて時めき給ふ、ありけり。

More

宰相中将、 式部卿 ( しきぶきょう )の宮の 兵衛督 ( ひょうえのかみ )、内大臣家の 頭 ( とうの )中将などに、 蘆手 ( あしで )とか、歌絵とか、何でも思い思いに書くようにと源氏は言ったのであった。

More

そんな場所へ不風流な私が出入りすることは、よけいに人目を引くことだろうと片腹痛くてね、自分の 邸 ( やしき )へ早くつれて来ようと私は思うのだ。

More

スポンサーリンク 紫式部が平安時代中期(10世紀末頃)に書いた 『源氏物語(げんじものがたり)』の古文と現代語訳(意訳)を掲載していきます。

More