溺れる ナイフ 漫画 - 溺れるナイフ漫画最終回の結末ネタバレ・感想!幼なじみのその後は?

溺れる ナイフ 漫画 - 溺れるナイフ 漫画の最終回ネタバレ!結婚する?

溺れる ナイフ 漫画 - 溺れるナイフ 漫画の最終回ネタバレ!結婚する?

4人の方が「参考になった」と投票しています。 衝撃 ネタバレありのレビューです。 ちょっとしばらく現実の世界には戻って来れなそうです。 いるわけないけれど、コウちゃんのような人に出会いたいなと思ってしまいます。 漫画独自の世界観と、リアルさの混ざり方が絶妙で…この作者の大ファンになってしまいました。 課金は惜しいけれど苦笑、この作品にであえて本当によかったです。 読み進めている時はただおもしろくて、早く映画をみたい!と思ってましたが、読み終えた今、この内容を映画化するのは相当難しいのでは、と思い、逆に見るのを躊躇ってしまうほどです。 見ますけどね。 笑 別の方もかかれてましたが55歳になるまでの番外編を本当に書いて欲しいです…!あれだけ泣いたので、幸せな家庭を築いたコウちゃんと夏芽を一目みたい。 涙 夏芽ちゃんの心理描写が、あーもう女子特有のめんどくさいやつ、、と思いながらも共感、感情移入しまくりでした。 「信じて笑っとけ」そうそう、単純な男の子にはそれが幸せなのよね。 そしてコウちゃんのカリスマ性に、ただただ引き込まれました。 大友も癒されるけど、やっぱコウちゃん派かな。 18人の方が「参考になった」と投票しています。 ひきこまれて抜け出せない! 明日仕事あるのに…と思いつつ夜に読み始めて夜中3:00過ぎまで読み進め、もちろん課金して、翌日の仕事中も読みたくてソワソワして、休憩中も読んで、マッハで仕事切り上げて電車で、家で、一気読みしました。 漫画の主人公たちの方言が頭に残って、自分もその方言に似せてわざと独り言言ったりしちゃいました。 絵がとにかく綺麗で独特の色気があって、でも爽やかで、本当に読み始めたら止まりません。 次の日がおやすみの日とかに読むのをオススメします。 なんだか主人公たちの胸のトキメキや感情の揺れ動きを自分も追体験して、恋するオトメに近づけます。 実際自分の表情や仕草が自然と恋してる時の女の子っぽくなった気がします笑 男性の方でも、コウちゃんや大友君になりきって、カリスマ美少女との疑似恋愛ができてドキドキすると思います。 素敵な作品に出会えて嬉しいです、この作品がもっといろんな人の心に触れて、その人達の世界を彩りますように!• 13人の方が「参考になった」と投票しています。 非のない主人公 顔もスタイルも良くて モデルという肩書きがあって 家族や友達にも恵まれていて 彼氏もいる。 それだけ好条件のある主人公なら持ってそうな、 じつは表裏があるとかブリッコとか 何かを犠牲にしてのしあがる腹黒さとか? そういう非が全くなくて。 二人の性格が、くよくよしてなくて 今を生きるのにまっすぐなのがいいのかな。 年齢のわりに子供っぽくないけど、そんなに大人びてもなくて、やることも素朴で。 あぁーなんか素敵だなって思える! ストーリーもテンポよく無理矢理感なく、 とにかく1話終わるたびに続きが気になってポイントがあるかぎりどんどん読んでしまう!! 笑• 14人の方が「参考になった」と投票しています。 秀逸な世界に 魅了される! 東京生まれ 東京育ちの 都会っ子 夏芽 小学生ながらに 大人びた雰囲気を持ち合わせ モデルの仕事をしながら 突如 田舎暮らしが始まる 今でも色濃く残る 田舎ならではの生活と 人々に密着した 神信仰や行事 その地区一帯をまとめる 神の末裔とされる家系に生まれた 航一朗 2人の出逢いは 狂気的なものすら感じさせ 得も言われぬ 独特な雰囲気をまとっていた 航一朗からは 内から持て余すほどの力と 個性が溢れ出し 時にナイフのように鋭く 溺れてしまいそうな孤独が 滲み出る 単なる子供の恋愛とは 一線を画すほどの含みのある 描写に進行 それは 見たものでなければ味わえない 独特な雰囲気と言っていい なぜか 心を鷲掴みにされるような眼差しと その地区で生きる 10代の鮮烈なまでの 生き方 恋愛 関わりに 心揺さぶられる 衝撃の作品です.


これをきっかけに、コウはどんどん喧嘩にのめり込んでいきました。

More

涙を流す夏芽にカナは激しく伝えます。

More

カナに電話した夏芽はコウちゃんが自殺をしたという事をききました。

More

私はやっぱり原作派です。

More

2006年4月13日発売• 当初はコウと敵対していたが、長谷川家の複雑な家庭環境に巻き込まれ、かつ非常に酷似した経験(母親に首を絞められる)をもっている者同士、お互いに同調し、やがてコウを「兄ぃ」と呼んで慕うようになる。

More

広能晶吾(ひろのう しょうご) 一流カメラマン。

More

蓮目はコウの元を抜け出して、自分でガソリンをまき焼身自殺をしたのでした。

More