横浜 ベイスターズ ブログ - 横浜DeNAベイスターズ関連のニュース

横浜 ベイスターズ ブログ - 神奈川・横浜食べ歩き 人気ブログランキング

横浜 ベイスターズ ブログ - 神奈川・横浜食べ歩き 人気ブログランキング

「最近はこんな風にフォーム変えてな~」 「バッティング楽しくなってきたわ!」 まるで別人である。 楽しそうにバッティングの話をするのは、球界を代表するホームランバッターでもなければ首位打者でもない。 守備職人のDeNA大和だ。 阪神在籍時には外野手登録となった2014年にゴールデングラブ賞を獲得。 その守備力は2017年オフにDeNAへの移籍が発表された際に「内外野の守備だけでも、打率3割以上の価値がある」と高田繁GMが絶賛するほどである。 その期待通り、移籍1年目から遊撃手のレギュラーとしてハマの守備を支えている。 そんな守備職人の大和が、DeNAに移籍してから会話の内容が激変したのだ。 阪神在籍時は「捕球するとき、(グラブ)ポケットへの入り方がこうで……」「打球への1歩目の切り方が……」と、こちらから打撃に関する質問を投げかけない限り、口にするのは守備に関する言葉がほとんどだった。 しかしハマの大和になってからは、口を開けばバッティングの話ばかりになった。 しかも、非常に楽しそうなのである。 33歳で打撃成績が向上した理由 ここで打撃成績を振り返ってみる。 (100試合以上出場した2012年以降) 【阪神タイガース】 2012年. 281 コロナ禍で試合数が減少したとはいえ、2020年は打率. 281、本塁打は4本とプロ15年目にしてキャリアハイの成績を残した。 33歳で打撃成績が向上した理由。 それはチーム内の活発なコミュニケーションにあるようだ。 「どういう感覚で打ってる?」 昨シーズン首位打者に輝いた佐野恵太や2017年の首位打者・宮﨑敏郎など好打者が多いDeNAでは、挨拶のようにバッティングについての会話が飛び交うという。 しかし、若い選手たちに教えを乞うことに恥じらいは全くない。 「聞くことも教えることもみんな遠慮とか恥ずかしいとかないね。 意見交換がめっちゃ多いよ」 年を重ねるにつれて、若手の頃のようにコーチ側から細かい指導を受ける機会はもちろん減る。 だからこそ、いいお手本となる後輩たちの意見は貴重なのだ。 「昔に比べると自分でめちゃくちゃ考えてバッティングするようになった」 次のページ: 2月1日 月 のキャンプインより選手が着用を開始する新デザインのチームウェアが登場。 『XYDB』の文字は横浜DeNAベイスターズ10周年を意味し、選手・監督・コーチが着用するモデルと同じデサント社製オーセンティック仕様です。 コメント数:• カテゴリ:• by De速.


レギュラー当確は ソト・佐野・オースティンの3人でしょう。

More

ルーキーイヤーの2019年には初スタメンでプロ初のホームランを打つなど、大器の片りんを見せましたが、今シーズンは1軍に昇格したのはシーズンの最終版でした。

More

10試合以上消化後の単独首位は、横浜ベイスターズ時代の以来約8年、2898日ぶり、DeNAが親会社となってからは初の単独首位につく など、序盤は好調な滑り出しを見せた。

More

また、「DeNAの勝利のために、そしてスタジアムの治安を保つために、あらゆる敵と戦う」ため、球場内のスタンドや横浜公園などでファンサービスやスタジアム観戦マナーの啓蒙(けいもう)活動を独自に行っていたヒーロー「DB. 73勝65敗5分で公式戦を終え、2001年以来16年ぶりのシーズン勝ち越しを決めた。

More

その期待通り、移籍1年目から遊撃手のレギュラーとしてハマの守備を支えている。

More

元々梶谷選手の移籍でセンターが空きになったのですが、ソト、オースティンの入国不透明によってシーズン序盤は外野全て空きになってしまう可能性が出てきました。

More