トルコ ドラマ マザー - BS日テレのトルコドラマ「Mother」で気になったことを何個かピックアップしてみました!

トルコ ドラマ マザー - BS日テレのトルコドラマ「Mother」で気になったことを何個かピックアップしてみました!

トルコ ドラマ マザー - トルコ版マザーの感想は面白い?評価・口コミを調査!視聴率はどうだった?

あらすじ 実の母に捨てられたつらい過去を持つ写真家のゼイネプ(ジェンス・デレ)は、パートタイムで勤めることになった小学校で、一風変わった生徒メレク(ベラン・ギョキルデ)と出会う。 メレクは年齢のわりには体が小さく、体のあちこちにはアザがあった。 実は、メレクの体のアザは、メレクの母シューレ(ゴンジャ・ヴスラテリ)の恋人ジェンギズ(ベルカイ・アテシュ)によってつくられたものだった。 シューレはその事実を知りながらもメレクを助けず、見て見ぬふりをしていた。 異変に気づいた学校の保健の先生がメレクを助けようとするが、シューレはその申し出を強く跳ねのける。 ゼイネプは、夜の街にひとりでいるメレクをしばしば目撃する。 ふたりで何度か会っているうちに、人懐っこいメレクに対して、現実的で冷めた性格のゼイネプは次第に心を通わせていく。 ある日、ゼイネプはメレクが忘れていったノートを返すためにメレクの家を訪ねると、信じられない光景を目の当たりにする。 なんと、ゴミ袋に入れられたメレクが、家の前のゴミ置き場に捨てられていたのだ。 衝撃を受けたゼイネプは、すぐさまメレクを自宅に連れ帰る。 本来であれば公的な機関に通報してメレクを保護するはずなのだが、どうしてもそうすることができなかったゼイネプは、メレクを虐待から守るため彼女を誘拐し、母親になる決意をする。 ここから、ふたりの逃避行が始まる…。


】「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」シーズン4 世界90カ国で大ヒットのトルコドラマ、ここに完結! , 書類審査で7歳(当時5歳)に達しておらず、参加資格がないため一度落選している。

More

女優デビューからたったの3年で、こんな国際的な人気作品に抜擢されるとは、かなりすごいことでしょう。

More

そしてこのヤバい妻役の女優さんが「マザー」で育児放棄する母役を演じてます。

More

毒を盛り暗殺を謀り追放に追いやるなどあの手この手でヒュッレムを排除しようとするが、かえってスレイマンの反感を買って、日陰の身となってしまう。

More

海での捜索が行われる中、ゼイネプとメレクはイスタンブールへと向かう。

More

, トルコがドラマ輸出大国でこの作品が世界で大ヒットしたのは知っておりましたが、7話しかまだ見てないにしても素晴らしいリメイクなんじゃないでしょうか。

More

そんな中、ジェンギズはシナンにゼイネプの写真を送りつけ…。

More

トルコは、イスラムとキリストが交わる国ということもあり、仏教一色の日本とは、生活習慣の雰囲気が少し違います。

More

しかし、その前に心がけているのは自分が好きなドラマしか作らないという信条です。

More