感染 経路 不明 原因 - 新型コロナはどのように感染する? 感染経路に関する最近の考え方(坂本史衣)

感染 経路 不明 原因 - 新型コロナ 感染経路不明者が減らない理由 〝闇社会〟〝二重就業〟も一因

感染 経路 不明 原因 - 新型コロナ 感染経路不明者が減らない理由 〝闇社会〟〝二重就業〟も一因

感染経路不明の理由 まず 感染経路不明という言葉について知っておきましょう。 感染経路不明とは 「どこでどのように感染したかが分からない」ということで、その原因として純粋に調査しても分からないという場合の他に、 調査が追い付いていないもしくは感染者が調査に応じない場合があるそうです。 そもそも新型コロナ陽性と判断された場合、感染者に対して発症前に「どこに行ったか」「誰と会ったか」などの行動歴を調べ、その調査で感染源を探していきます。 その行動歴の中にすでに感染が広まっている場所や人があれば感染源を特定できますし、関わった人達のPCR検査も行えて場合によっては自宅待機も要請できます。 しかしながら感染者が急に増えてしまうと調査が追い付かなくなるし、嘘の行動歴を話したり調査に応じない人が一人でもいれば感染経路が分からなくなってしまします。 行動歴を言わない人の例 行動調査には 強制力がないってのも問題ですが、そもそもなぜ彼らは調査に協力しないのでしょう? 行動歴を言わない人の例を挙げてみたいと思います。 大人の店や性的な店に通っていた 自分の行動歴を話したくない人の中には、休業要請が出ている 大人の店や性的な店で通っていた場合が考えられます。 某サイト情報では、東京での感染経路不明者の何割かはこれが原因とも言われています。 行動歴を細かく話せばそういった店に行っていたことが、家族や友人・会社にもバレてしまうので、嘘をついたり固く口を閉ざしたりしてしまうのかもしれません。 こんな時期にそんな店に行くなと言いたいですが、ち〇ぽこが付いている以上は行きたくなるんでしょうね。 裏で悪いことをしている 行動歴を言わない人の中には、 裏で悪いことをしているということも考えられます。 闇カジノや反社的な集会、不倫などが原因で感染したとしても言えませんし、言ったら言ったで自分の身に危険が及ぶ可能性もありますから。 そういった人は頑なに口を閉じるでしょうね。 やましい気持ちがあるからこそ言わないわけで、何かしら裏でやっている可能性もあります。 というかそう疑わざる負えません。 ただそんな悪いことする人が、ご丁寧にPCR検査を受けるとも到底思えませんが・・・。 周りからの非難を恐れている 周りからの非難を恐れて行動歴を言わない人もいると思います。 例えば自粛要請中なのに会食や旅行をしていたり、外出しまくっていたりなど。 そんな事を馬鹿正直に言ってしまえば周りから非難を浴びるでしょうし、感染者の少ない地域なら個人が特定されて批判されることもあります。 その時に行った飲食店などにも迷惑をかけますしね。 人によっては地域や会社に居づらくなるでしょう。 本当に感染経路不明の場合もある もちろん行動歴を言わない人以外に、 本当に感染経路が分からない場合もあります。 例えば、行動の中で関わってきた人数が多すぎて調査しきれない場合や、行動歴の中に感染源となる場所や人が分からなかった場合などです。 例:通勤のために混雑した列車に乗っていた 例:複数のスーパーで買い物した 例:何かに触れて接触感染した など 実際に無症状の人や無症状のまま陰性になってしまう人もいるそうだし、スーパーとかに行ってしまうと誰に会ったかまでは詳しく分かりませんからね。 ドアノブやボタンなどからの接触感染ならもっと分かりませんよね。 感染経路が分からないと防ぎようがない 病院とかナイトクラブなどで感染したなら、クラスター感染したと感染経路も特定しやすいですが、その辺で感染すると正直特定しにくいと思われます。 感染経路を特定できなければ、 感染を完全に防ぐことはできません。 そして一人でも行動歴を言わない人がいれば、それだけでも多くの人に感染リスクがあります。 本当にタチが悪いと思います。 東京都内では感染経路不明が半分以上でている状態です。 どこでどのタイミングで新型コロナに感染するか分かりません。 この記事を見ている人で未だに外出しまくっている人がいたら、今からでも自粛しましょう。


また、国立医療科学院でも研修を積み生活習慣病や感染症予防などの公衆衛生分野の知見を習得している。

More

たとえば不適切に製造された缶詰食品は、による生産に適した環境を提供している。

More

夕食のしょうが焼きを口にしても甘さやしょっぱさがなく、「感染を覚悟した」。

More

一般的に国内では、次のような感染症がかかりやすいとされています。

More

それぞれの種類によって、 強制的な入院勧告や就業制限など感染拡大を予防するために行われる措置が異なります。

More

2015年7月閲覧。

More

墨田区保健所の西塚至所長は「積極的疫学調査をしないということは、濃厚接触者を探さないということです。

More

理由がなんであれ、 40代50代の男女は 死ぬ可能性は低くても 感染する率は高いというのを 知っておいたほうが良いと思います。

More

夫婦間のDVも問題ですが、 親子間のDVが増えてきているのです。

More

日本化学会編 『日本標準化学辞典 第2版』(2版) 丸善、2005年。

More

2015年4月5日時点のよりアーカイブ。

More

注目したいのは、感染者が多くても少なくても、この比率に変化はないことだ。

More