ちびまる子ちゃん 山田 声優 - 声優業引退を発表したキートン山田 アニメ共演者から労いの声

ちびまる子ちゃん 山田 声優 - キートン山田の後任は誰?ちびまるこ声優予想!出演作品は?|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

ちびまる子ちゃん 山田 声優 - キートン山田が『ちびまる子ちゃん』のナレーションを卒業 声優引退も(2020年12月5日)|ウーマンエキサイト(2/2)

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 以前は劇団泉座に所属していた。 代表作は『』(花沢花子)、『』シリーズ(バカボン)、『』(ロボコン)、『』(山田笑太)、『』第2、3作(チカ子)など。 概要 [ ] 特色 [ ] は。 『サザエさん』(花沢花子)や『』(山田笑太)で演じる、だみのかかった役が多いが、1960年代のでは、『』(オスパー)『』(ア太郎)など、でをすることもあった。 『』ではまで出演しており、・・第5作ではレギュラーキャラクターのを演じており、実質持ち役となっていた。 また、()の第1話「おばけナイター」では妖怪バットを拾う少年を演じたが、に放送されたの「おばけナイター」でも同じ役柄の少年を演じるなど、数十年間隔で同じ役を演じた。 第3作では砂かけ婆ではなく、シーサー役でレギュラー入りしており、このシーサー役は第5作でも準レギュラーとしてメインの砂かけ婆と二役で演じた。 『』のロボコンを演じたときにはロボコンの人気が高く、NET(現:)の番組はニュース以外全部出演し、丸一日ロボコンの仕事という日もあったという。 制作の『』で22年ぶりにロボコンの声を担当した。 人物・エピソード [ ] 役者間での愛称は「 ドドコ」 (名前の圭の字が「ど(土)」を2つ重ねたように見えることから)。 身近な人には「 圭子姉さん」と呼ばれている。 『サザエさん』の2代目磯野カツオ役のの見舞いに行った際、「高橋さん」と言っても反応しなかったが、花沢さんがカツオに話しかけるような口調で「磯野くん」と呼びかけたところ「はい」と返事をしたというエピソードがある。 出身であるため、が得意。 『ひみつのアッコちゃん(第3作目)』で共演したに関西弁を教えたこともあった(こおろぎ自身が自身の『ひので街探偵事務所』で過去に話題にしていた)。 少々うっかり者であることが知られており、駅のホームのベンチにを忘れたりするなどの失敗をしたことがある。 特技は「どこでもいつでも眠れること」。 『』の声の担当は当初だけという話であったが、山本の声を聞いたのスタッフが気に入ったことから、でも声を入れることになった。 マネージャーはその報告を聞いて喜びの電話を送ったが、本人は「チキン・リトル」のことを忘れていたという。 テレビでの顔出し出演はあまり無い。 『』()での顔出し出演取材はNGだったが、『』(テレビ朝日)で『』で共演したとのゲスト出演、にされた『 ザックリいきまショー』()、に放送された『』()ではVTRでととともに顔出し出演、10月に放送された『』(TBS)のでと顔出し出演したことがある。 そのほかでは2015年の最初の『サザエさん』の放送では体調不良のため、この回のみ花沢花子役をが務めた(翌週からは山本が復帰)。 それ以降サザエさんにて他に演じていた、花沢夫人とマスオの母、穴子夫人はに既に変わっている。 、所属事務所である青二プロダクションから下肢骨折の治療のため一時休養することが発表され 、『サザエさん』の花子役はが代役を務めた。 花子役は同年10月18日放送回より復帰した。 出演 [ ] 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ [ ] 時期不明• (時期不明 - 、 〈2代目〉、花沢の母〈初代〉、アナゴ夫人〈2代目〉、マスオの母〈初代〉、タケオの母、キャッシー 他) 1963年• (ウォーリー〈2代目〉)• (マリー) 1964年• (ハンス・エンゲル ) 1965年• ( オスパー) 1966年• (チョロ松、カラ松、一松〈代役〉 他)• (花村カン太〈2代目〉) 1968年• (1968年 - 1969年、どん平、忠助、諭吉、カブト虫、尚子 他)• 1969年• (八木沢香)• (ガボテン〈2代目〉、五郎、次郎、ツヨシ、吉水三郎、郎太)• (第1作)(ガンモの母、守、純平、洋太)• (ケメ子〈代役〉)• (1969年 - 1970年、 ア太郎 ) 1970年• (西二) 1971年• (ダイコン 、マリの母)• (の恋人・ジェニー)• (塩原二郎、のぶ夫、アキ坊、ブー、松吉 他)• (1971年 - 1972年、 、忠太、三郎 他)• (1971年 - 1972年、 バカボン )• 1972年• (1972年版)(1972年 - 1973年、 赤胴鈴之助)• (ジェム)• (後藤新八〈初代〉)• (いじめっ子鬼丸、粕谷ひろし) 1973年• (ポチ校長 )• (あすなろ小僧、サブロー)• (チー坊)• (浅見信子 、栗本ジュン)• (バンブル) 1974年• (村の少年)• (1974年版)(ブータ)• (浩一、弘)• (神崎ラビ 、ロコ) 1975年• (1975年 - 1977年、 バカボン)• (克也、亀吉) 1976年• (トム〈少年期〉)• (ゴロー)• (飛田小太郎)• (トビー)• (神風弘) 1977年• (三太)• (太一)• ( イイ・タロ) 1978年• (アーサー)• (フー子、吉川正、山谷かおる)• 1979年• (桜町小夜子 )• (トム)• (少年、新聞売のおばさん、砂山学、オカミサン、キクオ)• (ポンゴ、チコ)• (ジミー)• (少年A) 1980年• (フニャラ、ペング、プワプワ 他)• (定吉の母、おたき、チンドン屋、荒木)• ( ゴンベ)• (加瀬正治 )• (1980年 - 1992年、トラえもん、本山、つげぐち)• (兄)• ( ピート ) 1981年• (トムキン)• (トルー、ルカ)• (1981年 - 1985年、ウンチくん、アキコさん、ボクちん、カン太)• (オナー夫人)• (おかみ)• (月吉丸) 1982年• (老婆、アオモリ)• (エロース)• (増田増夫)• (山川立夫)• (パタババ)• 1983年• (1983年 - 1984年、 サム)• (カーメン25世)• (1983年 - 1986年、ナチグロン、キン骨オババ)• 1984年• (ナチグロン)• (スダレ)• 1985年• (1985年 - 1988年、蛇骨ばばあ、ざしきわらし、あかねの母、万年、おばあさん、葬頭河婆、火車、 シーサー、女子生徒2)• (右太郎 他)• (グレンチェン王妃) 1986年• (テレビ朝日版)(ヤスベエ)• 1987年• (玄太)• (花屋のおかみ、マギー)• (天子男ジャック、神帝男ジャック、聖遊男ジャック) 1988年• (ビーフン)• ひみつのアッコちゃん(第2作)(チカ子 、モコの母) 1989年• (1989年 - 1993年、八千代、刈野ヨネ〈初代〉、うめ、鈴子、園長)• (はっかけ婆さん) 1990年• (神帝男ジャック)• (1990年 - 2001年、くじらのクータン、バケルくん〈2代目〉)• (1990年 - 、ハマジのお母さん、大石先生、 山田笑太〈山田くん〉 、前田さんのおばあちゃん 他)- 2シリーズ• (カイザー) 1992年• (占い師ウラ)• (オバさん)• 1993年• () 1994年• (魔法オババ) 1995年• (長男) 1996年• (1996年 - 1998年、 砂かけ婆) 1997年• が見た戦争 1998年• (君沢ユリエ)• (イビリダ)• (良太)• ひみつのアッコちゃん(第3作)(チカ子 、モコの母)• (リリエル) 1999年• 2000年• (魔法オババ)• (バートル) 2001年• (2001年 - 2002年、 山田まつ子) 2002年• (2002年 - 2005年、デビハムくん) - 2シリーズ• ( 神宮寺小梅、神宮寺うめ)• (エスカルゴンの母親) 2003年• (土鍋)• (アマゾン) 2004年• (2004年 - 2005年、江上タツ江、千住えり) 2005年• (リオウ) 2006年• (おばさん)• (院長)• (リトル・アートロ)• (おばちゃん) 2007年• (2007年 - 2009年、 砂かけ婆、シーサー、やし落とし)• (2007年 - 2008年、冴木のぶ子)- 2シリーズ• (黒コエムシ) 2008年• (にんにくのおかつ) 2011年• (ゆっこ母) 2015年• (虎太郎、宇宙人) 劇場アニメ [ ] 1967年• 1971年• (八木沢香) 1974年• (イサム) 1976年• (ネズミのチビ) 1980年• 1981年• (タカシの母、花山、公園の子供)• (タツノコC) 1983年• (雲隠才蔵) 1984年• (ナチグロン)• (ナチグロン) 1985年• (ナチグロン)• (ナチグロン)• (ナチグロン) 1986年• (ナチグロン)• (ナチグロン)• (蛇骨ばばあ) 1987年• (ワルナー王子) 1988年• (天子男ジャック)• ビックリマン 無縁ゾーンの秘宝(神帝男ジャック) 1989年• (チカ子)• ひみつのアッコちゃん 海だ! 夏まつり(チカ子) 1990年• (ブラック) 1991年• (アララ) 1992年• (クータン)• (大石先生) 1993年• (ドドンガドン) 1995年• (東の界王)• (母親) 1996年• (ガボちゃん)• (砂かけ婆) 1997年• (玉王ナカムレ)• (砂かけ婆)• (砂かけ婆)• (下田ハナ) 2000年• (海魔女) 2001年• (クータン、カユカユぼうや) 2002年• (吉乃) 2004年• (ゴンベ) 2005年• (ケロ子) 2006年• (おばさん ) 2008年• (砂かけ婆) 2014年• (クータン) 2015年• (山田くん) OVA [ ] 1990年• (聖遊男ジャック) 1991年• (ばば) 1992年• なにわ遊侠伝(マリ) 1993年• (ゼン) 1996年• (雪女ユキミダイフク) 2005年• (浅羽の祖母) ゲーム [ ] 1992年• (天使) 1994年• (山田くん)• (山田くん) 1997年• (、都)• (すなかけばばあ) 2001年• (レドリル) 2002年• (未来のリン) 2005年• (リオウ)• (チキン・リトル) 2007年• (トシコ) 2009年• (山田くん) ドラマCD [ ]• (占い師)• (メイ・ダンジャック) 吹き替え [ ]• (妃〈〉)• (ペパーミント・パティ)• ( チキン・リトル〈〉)• (〈〉)• (トシュ) 特撮 [ ] 1974年• (キキーの声)• ( の声) 1976年• 僕らのヒーロー大集合(ロボコンの声)• (ロボコンの声) 1995年• (バラハングリーの声)• 劇場版 超力戦隊オーレンジャー(カボチャンプキンの声) 1999年• (初代ロボコンの声) テレビドラマ [ ]• (2003年、ミケの声)• 観月ありさ版ドラマ2(2010年、花沢の母の声) CM [ ]• ロボコン• ムヒパッチA(1990年)• かおりの蔵(1997年)• 冬のコツコツキャンペーン(2007年)• (2007年) ナレーション [ ]• 上記の通り、VTRで1度だけ顔出し出演している。 ・予告編ナレーター(1970年代)• (知っとこ! 世界の朝ごはん)• (テレビ朝日系、と共演)• その他 [ ]• 『もーれつア太郎』放映時、加藤みどりと。 のテレビアイドルえほん・「・ヤプール人のしんりゃく」(あきら少年• 出版のソノシート実写番組ドラマ『』(白鳥健一)• 「幼稚園」1971年7月号ソノシート・(坂田次郎)• (メロディさん)• (モグモグの声)• 決定版(ロボコンの声)• 「こぞうのおるすばん」(珍念)• 「」(栗)• 「」(一郎)• (スパスパくんの声)• の特別車輌「マンガッタンライナー」の車内放送(ロボコンの声)• (キャラクターの声)• (夏休み子供大会限定マスコットキャラクターの声)• マンガで見る環境白書『未来への循環』紹介アニメーション(ロボコンの声)• (ナレーションとキャラクター「レオン」の声)• (なんだろう君) 脚注 [ ] []• 『声優事典 第二版』、1996年、560頁。 2019年6月9日閲覧。 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』〈別冊〉、1979年10月30日、108頁。 2020年1月9日閲覧。 2020年9月11日閲覧。 、 2020年10月12日閲覧。 2016年6月12日閲覧。 途中まで鈴木富美子名義。 ジュニア.


作者の実父がモデルで、名前もヒロシで同じである(正確には漢字表記で「広」)。

More

山田くんのモデルは? ちびまる子ちゃんに出てくる登場人物はほぼすべてのキャラにモデルがいるのは有名ですよね。

More

しかし、が入っていないので、実際にはであることが多い(稀に友蔵以外の登場人物(主にまる子)が心の俳句を詠むことがあるが、この場合も季語が入っていないことがほとんど )。

More

(西二) 1971年• 埼玉県出身• さくらももこ:TARAKO• 某有名漫画家のマネージャーの経験もある。

More

また、「周囲の面白い人」として、さくら家やたまえの父や佐々木のじいさんに注目しているらしい。

More

小学校6年生時代の場合は本作と同じ姿だが、作者の「まる子」以前を書いた『おんぶにだっこ』では、アニメ とは異なりおかっぱ頭となっている。

More