きち ざわ なおき 因果 応報 - キチ「引っ越したんだよねwついてきちゃったww」 姉「買っちゃったんだwww」

きち ざわ なおき 因果 応報 - 恋愛小説一覧

きち ざわ なおき 因果 応報 - 俺が「ママ今日どこ行ったんだろうね~」 というと娘は「なおきのところ!」と元気良く答えた

「私、王子との婚約はアリアに譲って平民として生きようと思うんです」 魔法貴族として名高いドロテア家に生まれたドロシーは事あるごとに千年に一度の天才と謳われる妹と比較され続けてきた。 「どうしてお前はこの程度のことも出来ないのだ? 妹を見習え。 アリアならこの程度のこと簡単にこなすぞ」 「何故王子である俺の婚約者がお前のような二流の女なのだ? お前ではなく妹のアリアの方が俺の婚約者に相応しい」 権力欲しさに王子と結婚させようとする父や、妹と比較して事あるごとにドロシーを二流女と嘲笑う王子。 努力して、努力して、それでも認められないドロシーは決意する。 貴族の地位を捨てて平民として自由に生きて行くことを。 7歳の時から婚姻契約にある我が婚約者は、どんな努力をしても私に全く関心を見せなかった。 13歳の時、寄り添った夫婦になる事を諦めた。 夜会のエスコートすらしてくれなくなったから。 16歳の現在、シャンパンゴールドの人形のような可愛らしい令嬢を伴って夜会に現れ、婚約破棄すると宣う婚約者。 恋愛らしい恋愛小説が上手く書けず、試行錯誤中なのですが、一話あたり短めにしてあるので、サクッと読めるはず? デス🙇 「レイア、婚約破棄の理由は分かっているな? お前が裏で妹のジルをイジメているとは思わなかった。 聖女であることがそんなに偉いのか?」 公爵家の嫡男であるフィリップは伯爵家の長女であるレイアと一方的に婚約破棄をする。 彼女が妹を虐めているなど事実無根であるが、ジルは自虐しながら周囲から同情を買うことが上手く、しかも容姿端麗なのでフィリップは完全にジルの味方だった。 「信じて頂けないのなら結構です。 これから結界を張りに行かねばなりませんので」 信頼関係を築けない者と結婚しても続かないと思ったレイアはあっさりと婚約破棄を受け入れ、そのまま聖女としての職務を果たしに森へと向かう。 「君が妹を虐めているという聖女なのかい?」 その後、レイアはこの国の王太子であるエリックに声をかけられる。 正義感が強い彼は友人の話を聞いてレイアは聖女として相応しくないと思ったのだ。 そんなエリックだったがレイアに絡んでいるうちに、人となりを見て興味を惹かれるようになり、いつしか自分の妻にしたいと思うようになる。 フィオナ・ローレラは、ローレラ伯爵家の長女。 キリアン・ライアット侯爵令息と婚約中。 けれど、夜会ではいつもキリアンは美しく儚げな女性をエスコートし、仲睦まじくダンスを踊っている。 キリアンがエスコートしている女性の名はセレニティー・トマンティノ伯爵令嬢。 セレニティーとキリアンとフィオナは幼馴染。 キリアンはセレニティーが好きだったが、セレニティーは病弱で婚約出来ず、キリアンの両親は健康なフィオナを婚約者に選んだ。 『ごめん。 セレニティーの身体が心配だから……。 』 キリアンはそう言って、夜会ではいつもセレニティーをエスコートしていた。 そんなある日、フィオナはキリアンとセレニティーが濃厚な口づけを交わしているのを目撃してしまう。 幼いときからずっと憧れていた騎士さまが、奴隷堕ちしていた。 〈結び〉の魔法使いであるシェリルの実家は商家で、初恋の相手を配偶者にすることを推奨した恋愛結婚至上主義の家だ。 当然、シェリルも初恋の彼を探し続け、何年もかけてようやく見つけたのだ。 奴隷堕ちした彼のもとへ辿り着いたシェリルは、9年ぶりに彼と再会する。 婚約ももちろん破談。 クオリティは高くありません。 姉のシャルロッタが私の婚約者である第三王子に恋をした。 生まれた時から病弱な姉はことあるごとに両親に願い事をして両親は姉の願いを何でも聞いている。 姉が私のお気に入りのドレスを欲しがれば両親は私のお気に入りのドレスを与え、私が欲しいと思ったぬいぐるみもアクセサリーも全て姉に贈られてしまう。 だから、私のものは全て残りものだった。 きっと姉より可愛くもなく、かよわくもない平凡な私自体が残りものだったのだ。 そんな悲しみに暮れる残りものな公爵令嬢グレースは追い打ちをかけるかのように婚約者であるアルヴァント王子に婚約破棄される白昼夢をみてしまった。 絶望し涙するグレースだったが 何故かアルヴァント王子が溺愛してきて・・・・・? 大資産家であるバーミリオン公爵家の令嬢、ルージア・バーミリオンは突然、王国の皇太子マークスに婚約破棄される。 「前から思ってたんだけど、君って贅沢だよね?」 贅沢に溺れる者は国を滅ぼすと何かの本で読んだマークスは高級品で身を固めているルージアを王室に害をもたらすとして、実家ごと追放しようと目論む。 しかし、マークスは知らない。 バーミリオン公爵家が既に王室を遥かに上回る財を築いて、国家予算の八割を貸しつけていることを。 「平民の娘は素朴でいい。 どの娘も純な感じがして良かったなぁ」 王子という立場が絶対だと思い込んでいるマークスは浮気を堂々と告白し、ルージアの父親であるバーミリオン公爵は激怒した。 そして異世界人を保護する役目を担う竜伯爵の元でお世話になることになった。 しかしある日の晩、竜伯爵当主であり、朱音の保護者であり、ひそかに恋心を抱いているデュアロスが瀕死の状態で屋敷に戻ってきた。 彼は強い媚薬を盛られて苦しんでいたのだ。 このまま一晩ナニをしなければ、死んでしまうと知って、朱音は一宿一飯の恩義と、淡い恋心からデュアロスにその身を捧げた。 しかしそこから、なぜだかわからないけれど監禁生活が始まってしまい……。 好きだからこそ身を捧げた異世界女性と、強い覚悟を持って異世界女性を抱いた男が異世界婚をするまでの、しょーもないアレコレですれ違う二人の恋のおはなし。 侯爵令嬢であるアーデルハイドは妹を苛めた罪により婚約者に捨てられ流罪にされた。 全ては仕組まれたことだったが、幼少期からお姫様のように愛された妹のことしか耳を貸さない母に、母に言いなりだった父に弁解することもなかった。 言われるがまま島流しの刑を受けるも、その先は隣国の南の島だった。 食料が豊作で誰の目を気にすることなく自由に過ごせる島はまさにパラダイス。 アーデルハイドは家族の事も国も忘れて悠々自適な生活を送る中、一人の少年に出会う。 その一方でアーデルハイドを追い出し本当のお姫様になったつもりでいたアイシャは、真面な淑女教育を受けてこなかったので、社交界で四面楚歌になってしまう。 幸せのはずが不幸のドン底に落ちたアイシャは姉の不幸を願いながら南国に向かうが… 「オリヴィア・アトワール公爵令嬢。 貴殿の罪は王太子の婚約者という立場でありながら、妃教育を軽んじ、必要な教養を身に着けなかったことである。 よって今日これをもってオリヴィアと王太子の婚約は破棄。 かわりにこちらの、教養高き我が娘ティアナ・レモーネ伯爵令嬢を王太子であるアラン王子の婚約者とす」。 突然城に呼び出されたオリヴィアはレモーネ大臣にそう告げられて唖然とした。 視線の先では、婚約者であった王太子アランが、レモーネ伯爵令嬢ティアナととも立っている。 何を隠そうオリヴィアに向かって「馬鹿のふりをしろ」と言ったのはアランであるのに。 明らかに不当な婚約破棄に関わらず、家族はサーシャリアに可愛げがないのが行けないの一点張り。 挙句の果て、それでも認めないサーシャリアを家から放り出してしまう。 だが、彼らは知らない。 サーシャリアが今までの努力と、それが伯爵家を大きく支えていたこと。 そんなサーシャリアを多くの人間が慕っており。 これは、自分を認めない環境から逃げ出せたことを機に、サーシャリアが幸せを手にするまでの物語。 旧タイトル 不当な婚約破棄を誰も許しませんでした〜可愛げがない私が溺愛に気づくまで〜 タイトルで悩んでおり、変更あるかもです クリスティナ・ダルトン公爵令嬢は、故あって王太子と婚約したものの、冷遇されてきた。 それは王立学院に入学してからより悪化し、王太子はあろうことか子爵令嬢を傍に侍らせるようになり、挙げ句の果てには卒業式後の舞踏会でクリスティナに婚約破棄を突きつけようとする。 「疵物のお前はもうまともな結婚など望めまい。 最後の情けだ、この私がお前に相応しい相手と結ばせてやろう。 その正体は、どこぞの高貴な者の庶子とも、ただの浮浪者とも、そもそも人ではなくて幽鬼や悪霊の類だとも言われる。 「承知いたしました」 そう凛と答えたクリスティナを蔑む王太子は、知らない。 「ミレディア!!お前との婚約は破棄だ!!」 怒りを宿した瞳で私を見下ろし婚約破棄したのは私の婚約者でありこの国の第二王子であるリュオン王子だった。 リュオン王子は燃え上がる炎を連想させるような赤髪を逆立て、青い瞳まで赤に染まってしまったかのような怒りと敵意を私に向けている。 そんな姿をこの世の終わりのような表情で地面に座り込んでいた私は、一瞬で未知との遭遇をした宇宙猫の心境に変わり真顔になってしまった。 何故なら最悪なタイミングで前世の記憶を思い出してしまったからだ。 「ミレディア!お前は俺と親しくする獣人のシェーナに嫉妬し、シェーナを危険な森へ連れ出そうと企て、そのうえ矢で射貫こうとした!!獣人を差別し迫害するような者を妻に迎えるつもりはない!!俺の大切なシェーナの命を脅かした罪として、お前を絞首の刑に処す!!」 絞首の刑かぁ・・・。 王子は前世ハートの国の女王様だったのかしら? それに今日は4月1日だ。 嘘をついても良い日に婚約破棄されたので 私はある嘘をついてみたのである。 その嘘を聞いた黒騎士に じっと見つめられていることを知らずに・・・ 公爵令嬢フィーネ・ラストリアは、疲れ果てていた。 幼い頃から王太子ラキシスの婚約者に選ばれていた彼女は、将来の王妃として相応しい存在になれるよう厳しく教育され、己自身よりもラキシスを優先した人生を送り続けていた。 だが、ラキシスの心はとうの昔にフィーネには無く、偶然知り合ったという別の令嬢の事ばかりを考えてフィーネの事を邪魔者であるかのように扱うようになっていた。 だから、殺されかけた。 事故に見せかけて、彼女は裏で始末されかけたのだ。 しかしフィーネは、偶然にも隣国の王子を名乗る不思議な男に命を救われた。 そして彼女に一目惚れしたと言う王子は、フィーネを自国に招き入れたいと申し出たのだ。 その後、最後の挨拶をとフィーネはラキシスの前に姿を表し、 「私はあなたを恨みません。 だけど、もう二度と私に関わらないでください」 そう言い放ったのだった。 グレイス・カリブ伯爵令嬢である私は、家が没落し父も母も流行病で亡くなり借金だけが残った。 アイザック・レイラ準男爵が私の美貌を気に入って、借金を払ってくれた。 私は、彼の妻になった。 始めは幸せだったけれど、子供がなかなかできず義理の両親から責められる日々が続いた。 夫は愛人を連れてきて一緒に住むようになった。 彼女のお腹には夫の子供がいると言う。 義理の両親や夫から虐げられ愛人からもばかにされる。 「子供も産めない役立たず」と毎日罵られる日々だった。 私には歳の離れた兄がいて、その昔、父と諍いを起こし家を出たのだった。 その兄が生きていて、チートな冒険者になっており勇者と共に戻って来た。 だが、愛人が私のふりをして・・・・・・すっきりざまぁ。 納得の因果応報。 虐げられる美貌の主人公系。


若いギャルママならまだしも、 良い年したおばちゃんなのに。

More

なお、おーぷん過疎化により今後は不定期更新となります。

More

挙句の果て、それでも認めないサーシャリアを家から放り出してしまう。

More

姉は子供が県外の大学に進学して家を出たのを機に、逃げるが勝ちとばかりにその賃貸マンションを出て隣市にある新興住宅地に引っ越した。

More

40歳いったかいってないかくらいで、 大柄、ヤソキーとギャルがまざったような (梨花が失敗したような?) 派手な奥様だった。

More

もちろん全開にもしてない。

More

そして異世界人を保護する役目を担う竜伯爵の元でお世話になることになった。

More

子供は入り口方向に飛ばされて、 数秒後に大声で泣き出した。

More

私には歳の離れた兄がいて、その昔、父と諍いを起こし家を出たのだった。

More