沖縄 サミット 外務 省 汚職 - 外務省機密費流用事件の中才刑事のアンビリバボーな真相と松尾克俊の現在は?|衝撃ニュースシアター

沖縄 サミット 外務 省 汚職 - 沖縄サミットを迎える外務省の不協和音:Foresight

沖縄 サミット 外務 省 汚職 - 小室哲哉逮捕で「Jポップ汚職」拡大の臭いがする:MyNewsJapan

〈「これは言えないカネです。 これをしゃべったら殺されます」 「だから、何のカネなんだ」 「あれは領収書がいらないカネなんです……。 総理の外遊時の経費です」 総理の? 領収書がいらない経費なんてあるのか。 大変なカネを見つけてしまった。 下手すると、俺たちが政府を転覆させるのか。 〉 『しんがり 山一證券 最後の12人』などで知られるノンフィクション作家、清武英利氏。 その最新作『』の舞台は、警視庁捜査二課。 冒頭のシーンは2001年に発覚した「外務省機密費流用事件」の取り調べの様子を描いたもので、日本社会を揺るがせた事件を掘り起こした名もなき刑事たちの実像に迫っている。 今秋、WOWOWでドラマ化されることが、早くも発表された本作。 いま、なぜ「二課刑事」(ニカデカ)を描くのか。 清武氏に聞いた。 容疑者は「ノンキャリの星」と呼ばれた職員でしたが、着服したカネで次々と愛人を作り、競走馬を何頭も所有していた。 主人公である警視庁刑事部捜査二課の捜査員たちは、機密費という「国家のタブー」に挑み、地道な裏付け捜査と職人技を駆使した取り調べを繰り広げます。 現実に起こった出来事とは思えないほど生々しく、衝撃的な内容ですが、なぜいま、捜査二課の刑事たちを描こうと思ったのですか。 清武 私は新聞の社会部記者として警視庁を担当し、なかでも当時の部署名で言えば、二課と四課(現在は組織犯罪対策課に改組)に出入りして、取材を重ねてきました。 刑事ドラマなどによく登場する捜査一課は殺人や強盗などを扱う部署ですが、知能犯を扱う二課が看板にするのは「 サンズイ」。 これは「汚職」の「汚」の文字の部首をとった言い方です。 二課刑事のなかには、自分たちを「 瀆職刑事」(とくしょくけいじ)と呼ぶ人もいます。 「瀆職」とはつまり、公務員や政治家など公職にある者が、その職務を冒瀆する行いを指します。 殺人は直接的に人を殺す犯罪ですが、汚職というのは内側からゆっくりと社会を殺す。 そんな汚職を、自分たちがしっかりと検挙していくことによって、公務員や政治家の腐敗を抑止する。 ひいては、日本社会を守っていく。 私が出入りしていた当時の二課刑事たちからは、そういう「瀆職刑事」としての誇りが、言動の端々から感じられたものです。 その後、私も新聞社で管理職になり、二課との距離は遠くなっていたのですが、ノンフィクション作家として活動するようになった2010年代になって、ふと、「 なんか最近おかしいな」と感じたのです。 「 最近、汚職って摘発されていないな。 なぜだろう?」と。


気が短いが、取り調べは超一流。

More

国際経済局• 外務省機密費流用事件を担当する。

More

その後、2001年1月31日をもって廃止された。

More

外務省の汚職に関する情報を木崎に伝え、捜査を依頼する。

More

民主自由党• 愛読書は司馬遷の「史記」。

More

現在の価値にして約3億8000万円。

More

疑惑事件そのものを闇に葬った。

More

木崎睦人 - : 主任。

More

職員 - : 警視庁情報解析室に出向している。

More

(昭和63年)4月-中級登用• 総理大臣が外遊するときのお金は機密費として使用される。

More

引き継ぎをしたあとも内偵捜査をしていた中才宗義は お金が子供たちなどにお金が分散されていることを掴みます。

More