クラスター アバター - VRoid Studio v0.5.0とUnityでcluster用アバターを作ったときのまとめ

クラスター アバター - スマホで超簡単にアバターを作ってVR空間にアクセスする方法【REALITY・cluster連携】

クラスター アバター - 【cluster】すぐ出来る!ワールド作成の始め方

新型コロナウイルスの感染拡大で大人数の集まりなどが自粛される中、首都圏で活躍する神戸ゆかりの政財界関係者や省庁幹部らが交流する「神戸のつどい」が2月、初めて仮想空間で開かれる。 毎年、東京で開催してきたが、神戸市の企業が提供するVR(仮想現実)空間の基盤(プラットフォーム)を活用。 市長や大企業の役員、国会議員ら数百人がスマートフォンやパソコンで3Dアバター(分身)を操って交流する。 (長谷部崇) 2002年度から続く「神戸のつどい」は、同市や神戸商工会議所でつくる実行委員会が主催。 毎夏、東京・丸の内のホテルで開催し、経済界を中心に神戸出身者や勤務経験者ら500人以上が集まる。 ただ昨年はコロナ禍の影響で、11月に予定していたリアルな「つどい」が中止に。 そこで実行委は、神戸のゲーム開発会社「モノアイテクノロジー」が提供するVR空間プラットフォームに注目した。 この基盤を使えば、数万人が一つの仮想空間に同時接続可能で、数千人規模の就職説明会なども可能という。 市などは「リアルな開催が難しければ、神戸発の最先端技術をPRする場にしよう」と仮想空間での開催に踏み切った。 ホテルの宴会場や、神戸・三宮に今春開業する知的交流拠点「アンカー神戸」を仮想空間内に再現。 市の主要事業を動画やポスターでPRするブースを並べる。 アバターは頭上に所属や名前が表示され、服装も選択できる。 スマートフォンやパソコンで操作してもらい、別のアバターとボイスチャットやテキストチャットでやりとりし、拍手や腕組みなどの感情表現、名刺交換もできるという。 スーパーコンピューター「富岳」の開発を主導した理化学研究所計算科学研究センターの松岡聡センター長や、商議所の家次恒会頭、川崎重工の並木祐之副社長らもゲストスピーカーとしてアバターで参加。 「市長面談室」も用意され、全身スキャナーで完全バーチャル化した久元喜造市長は、先着のアバター60人と順に面会する。 約2500人に招待状を送り、300人程度の参加を見込んでおり、実行委は「コロナ禍の今だからこそ、新たな挑戦に意味がある。 ワクワクする交流会にしたい」。 モノアイ-の本城嘉太郎社長は「神戸の先進性をアピールできれば」と意気込む。


cluster. の始め方・遊び方をご紹介 クラスターを楽しもう! アプリの始め方 cluster. ここから、「アバターの管理」を選択。

More

More

バーチャルSNS「cluster」では、クリエイターの活躍の場を整備し、ユーザーの皆さんがバーチャル空間で過ごすための「アバター」をより手軽に手に入れられるよう、今後も機能拡充を検討してまいります。

More

「」のページから「 Unity Hub をダウンロード」を押してインストールファイルをダウンロードしたら、お使いの環境にUnity Hubをインストールして下さい。

More

cluster スマホアプリ版• 愛着さを求めて ダメでした。

More

ただ昨年はコロナ禍の影響で、11月に予定していたリアルな「つどい」が中止に。

More

みなさんこんにちは、ディレクターの小夏です! clusterでは、自分の好きなアバター(カスタムアバター)でワールドに行ったりイベントに参加できます。

More

環境ごと体感・表現できるVR空間で自分の分身となれる「アバター」には、オンライン会議ツール等と比べ円滑なコミュニケーションが取れる効果が期待できます。

More

簡単な操作で自分だけのオリジナルアバターを作成し、モーションキャプチャ技術を用いたリアルなライブ配信を通じて視聴者とコミュニケーションを取ったり、受け取ったギフトを通じて収益化したりすることができます。

More

はじめに デザイナーのよしおか こうです。

More