ポケモン 最強構築 - ポケモンバトル初級者向け|対面構築、エース構築、サイクル構築とは?それぞれ3つの特徴【剣盾も対応】

ポケモン 最強構築 - 【ポケモン剣盾】元世界3位のスタンダード構築【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン 最強構築 - 【ポケモン剣盾】最強パーティ構築とおすすめコンビ【ソードシールド】

構築経緯 交代技+ウオノラゴンの対面操作の強みを発見 初手にサンダーを出して「ボルトチェンジ」等の交代技をうち、裏の「ウオノラゴン」を着地させれば有利対面を作れて強いと思い2体を採用した。 「ウオノラゴン」の専用技「エラがみ」は先制で使用することで威力が2倍になる技で、特性と相まって安易な受け出しが出来ない火力を出せる。 そのため、有利対面を作ってしまえば、対面のポケモンが倒れるか、裏のポケモンを切るかの2択を押し付けられる。 相手のサンダーを受けるためHDポリ2を採用 初手にサンダーを出すと、相手もサンダーとのミラーになる場合がある。 この構築のサンダーは防御方面に努力値を厚くしているので、対面では打ち勝てない。 そのため、相手がダイマックスしてきても受けきれるHDポリゴン2を採用した。 HDポリゴン2はサンダーや他の特殊ポケモンにも強く、物理技の「からげんき」を採用しているので、「めいそう」で起点にしてくるポケモンも突破できる。 個別解説 サンダー 性格 ずぶとい 努力値 HP 252 防御 196 特防 60 特性 せいでんき 持ち物 マゴのみ 技構成 ボルトチェンジ とんぼがえり ほうでん はねやすめ 構築コンセプトの1体。 「ボルトチェンジ」を無効にする「じめん」タイプにも有効な「とんぼがえり」を採用して、確実に対面操作できるようにしている。 初手に出して交代技を使う 2種類の交代技を持っているので、初手に出して交代技を使い対面操作を行う。 みず技の通りが良い構築に対しては「ウオノラゴン」を出すなど、構築に応じて引き先を決めよう。 物理ポケモンに対してマヒを狙える 特性「せいでんき」により、接触技を使うポケモンを3割でマヒにできる。 そのため、物理ポケモンに対しては、「はねやすめ」を連打しているだけでマヒ状態を狙える。 ウオノラゴン 性格 ようき 努力値 攻撃 252 素早さ 252 特防 4 特性 がんじょうあご 持ち物 こだわりスカーフ 技構成 エラがみ こらえる けたぐり げきりん 構築コンセプトの1体。 「エラがみ」の威力はタイプ半減では受けられないほどなので、有利対面を作ってしまえばサイクルを崩壊させられる。 基本ダイマックスをせずエラがみだけで戦う 一般的なポケモンは、通常時より「ダイマックス」した方がダメージが上がるが、「ウオノラゴン」は「ダイマックス」すると火力が下がってしまう。 エラがみは先制で使うことで火力を上げられる技なうえ、持たせている「こだわりスカーフ」の素早さ上昇効果も「ダイマックス」で打ち消されてしまうため相性が悪い。 ダイマックスを使う際は順番を考えて技選択をする 相手のダイマックスターンを消費させたり、「エラがみ」が半減になる「ひでり」状態を解除するためなら「ダイマックス」を使っても良い。 ポリゴン2 性格 なまいき 努力値 HP 244 防御 12 特防 252 特性 ダウンロード 持ち物 しんかのきせき 技構成 からげんき れいとうビーム ほうでん じこさいせい HDに特化することで特殊アタッカーを受けきれる耐久を確保している。 低火力の物理アタッカーであれば「じこさいせい」の回復が間に合うので、選出に組み込んでも腐りにくいのが強み。 特殊アタッカーに後出しする 特防に特化しているので、弱点以外の特殊技は2回耐えられる。 体力を回復する「じこさいせい」を使えるので、PPが切れない限り何回も攻撃を受けられる。 相手のダイマックスに合わせてダイマックスする いくら耐久が高くても、「めいそう」や「わるだくみ」で特攻を上げた状態の「ダイマックスわざ」は受けきれない。 相手の能力上昇技が一定数使われた後、後続のポケモンで対処できない場合こちらも「ダイマックス」を使って応戦しよう。 ミミッキュ 性格 いじっぱり 努力値 HP 100 攻撃 156 防御 108 特防 4 素早さ 140 特性 ばけのかわ 持ち物 アッキのみ 技構成 じゃれつく ドレインパンチ かげうち つるぎのまい 構築単位で「ウオノラゴン」がキツいため採用。 特性「ばけのかわ」により様々な「ダイマックス」ポケモンのストッパーになったり、ラストの詰め筋に使える点が便利。 つるぎのまいを使って火力を上げる 火力アップアイテムを持たせておらず素の火力が低いため、「つるぎのまい」で攻撃力を上げるのが必須だ。 エースバーン 性格 ようき 努力値 攻撃 252 素早さ 252 防御 4 特性 リベロ 持ち物 いのちのたま 技構成 かえんボール とびひざげり とびはねる しねんのずつき 技範囲が広く素早さが高いので、「ダイマックス」との相性が良い。 「ドイドイデ」と「ラッキー」の並びが崩せないため、「しねんのずつき」を採用している。 とびはねるで相手のダイマックスターンを消費させる 「とびはねる」は1ターン目に上空に飛び、2ターン目で相手にダメージを与える技だ。 上空にいる間は「ダイマックスわざ」のダメージを受けないため、2ターン消費させられる。 ダイジェットは相手のパーティを見て打つか決める ダイジェットは火力が高く素早さを上げられる優秀な技だが、相手の構築によっては使用しない方が得な場合がある。 相手の構築に素早いポケモンがいない場合は、「ダイナックル」で攻撃を上げるか「ダイサイコ」でフィールドを「サイコフィールド」にした方が次のダメージを上げられる。 カミツルギ 性格 ようき 努力値 HP 4 攻撃252 素早さ 252 特性 ビーストブースト 持ち物 きあいのタスキ 技構成 リーフブレード せいなるつるぎ つばめがえし つるぎのまい きあいのタスキを持たせて行動保証を確保しつつ、「つるぎのまい」で攻撃力を上げて戦う型。 つるぎのまいをして火力を上げる カミツルギは耐久が低く、相手と技を打ち合えないので一撃で倒す必要がある。 つるぎのまいで火力を上げれば、高火力で相手を倒しきれる。 ダイジェットで素早さを上げる カミツルギの素早さは高い部類だが、環境に多い「エースバーン」や「ドラパルト」、「スカーフウオノラゴン」に先制で動かれてしまう。 「つるぎのまい」で攻撃を上げても裏のポケモンで倒されてしまうため、「ダイジェット」で素早さを上げて対処しよう。 立ち回りと選出パターン解説 主な立ち回り 初手にサンダーを出して、「ボルトチェンジ」か「とんぼがえり」で対面操作を行い有利対面を作りだす。 主に「ウオノラゴン」を通すパターンがイージーウィンを狙いやすいので、他2体で「エラがみ」の一貫を作れるように立ち回る。 「サンダー」は耐久が高く、高火力技を受けても「マゴのみ」で回復できるので初手に投げやすい。 カプ・レヒレを削る立ち回りをしよう 相手パーティに「カプ・レヒレ」がいる確率が高く、「エラがみ」を半減で受けるために選出されやすい。 「ポリゴン2」がいたり、「サンダー」の体力が多く確保できている場合は一度「エラがみ」を打ってから交代しよう。 しかし、選出的に安定した引き先を用意できない場合は、「カプ・レヒレ」の受け出しに合わせて「サンダー」に交代しよう。 うまく「エースバーン」を通すことが出来れば比較的イージーウィンが狙える。 「ダイマックス」を温存された場合のストッパーや非ダイマ同士での打ち合いに強い「ミミッキュ」を連れて行く。 ラストは相手の構築によって柔軟に変更できる。


そういうものは、需要があったら別記事に載せていきたい。

More

選出パターン 基本選出 ++ 受け構築 ++パッチラゴン アーマーガア入り +パッチラゴン+その他 主な戦法 初手でを出して大丈夫ですが、の時だけ気をつけてください。

More

バンギドリュウズの並びだからとはいえ、 一概に戦法が読めないのも強力な部分になります。

More

特殊アタッカーに後出しする 特防に特化しているので、弱点以外の特殊技は2回耐えられる。

More

名無しのプレイヤー さん• 名無しのプレイヤー さん• 2021-01-24 08:07:15• 自分の選出ポケモンをA、B、C、相手の選出ポケモンをD、E、Fとする。

More

また、同じ並びでトリックルーム展開も行える。

More

思わぬポケモンを起点作り要員にしたり、偽装することもしばしばある。

More

ドヒドイデってずぶといじゃなくておだやかなんですか?• 9位:レノバス様最終9位構築 提供者 レノバス様 最終レート 2167 Twitter 羽休めカイリュー レノバス様の構築では、羽休めカイリューが採用されています。

More

相手の能力上昇技が一定数使われた後、後続のポケモンで対処できない場合こちらも「ダイマックス」を使って応戦しよう。

More

ダイマックスで威力の高いみずタイプ技を打ちやすくなり、元々の耐久力の高さで大抵の攻撃は耐えられるので並大抵のアタッカーには殴り勝てるでしょう。

More

うなです。

More

3倍 ・パワフルハーブを持つことによって全抜きエースに ・ダイマックス相手に2倍のダメージを与える専用技 ・毒・ドラゴンの優秀なタイプ ・優秀なサブウェポン ・特性あめふらしが強力 ・威力150の専用技しおふきが強力 ・水単タイプで攻守ともに使いやすい 日食ネクロズマ ・特性によって抜群のダメージが1. そこで、何も考えず「コータス」や「エレザード」などに「ダイマックス」を使ってしまうと、本当に必要な状況で困ってしまう。

More