Teams 通知 音 変更 - Teams の通知を管理する

Teams 通知 音 変更 - Teams のクラウド会議のレコーディング

Teams 通知 音 変更 - Teams のクラウド会議のレコーディング

Teamsで周辺機器の設定をチェックしてみよう パソコンに接続している周辺機器の設定をまずは確認してみましょう。 Temasを起動して、上部右側のユーザーアイコンをクリックします。 Teamsの設定を開く 設定の画面が表示されますので、左側の「デバイス」をクリックします。 Teamsの設定「デバイス」 右側の項目にデバイス名などが表示されています。 1つずつ確認してみましょう。 ・オーディオデバイス 使用しているパソコンに接続された音声機器の型番が表示されています。 まずここに型番やデバイス名が表示されていることを確認しましょう。 ・スピーカー 通話相手の声を聴くためのデバイス項目になります。 ・マイク 自分の声を通話相手に送るためのデバイス項目になります。 3つ項目に問題が無ければ、テスト通話で実際に聞こえるかどうか確認してみましょう。 テスト通話を使って設定が正しいことを確認してみる テスト通話で実際にやってみましょう。 ボタンを押すと自動音声が流れるので音量ボリュームにを調節しておきましょう。 開始すると自動通話が開始されます。 Teamsのテスト通話を開始 Teamsのテスト通話中の画面 音声案内が聞こえている場合はスピーカーの項目が正常に設定されています。 マイクの入力は実際にしゃべってみましょう。 「あ~あ~、マイクのテスト中です」など声を出してみましょう。 数秒後に録音された声が聞こえてきます。 その音声が通話相手側にとどいていることになります。 最後にテストの結果が表示されます。 各項目の接続が正常であれば、右側に緑色のチェックマークが表示されます。 Teamsのテスト通話結果画面 マイク設定はここがポイント! 自分の声が聞こえてきたときに、意外なノイズや騒音が聞こえてくることがあります。 (扇風機などの風切り音や窓からの騒音など) 環境によっては通話相手側が聞きづらいことがありますので、マイクの音量などで調節してみましょう。 マイクのボリューム調節方法 パソコン右下のサウンドアイコンを右クリック、サウンドの設定を開きます。 サウンド デバイスのプロパティを開く デバイスのプロパティが表示されますので、枠内の「テスト」ボタンを押してください。 青い線が左右に動けば正常に音声が入力されています。 マイクの調節は、縦長のバーがありますので、クリックを押しながら左右に調節できます。 マイクのボリュームを設定 それでも通話できないときはここをチェックしてみよう テスト通話でも成功しない場合は、次の項目を試してみましょう。 ・使用しているヘッドセットやマイクに「ミュートボタン」があるかどうか確認しましょう。 物理的にOFFになっているとパソコン上ではわからないです。 ・端子が半挿し になっていないでしょうか。 しっかり奥まで挿しこまれていることを確認してみましょう。 ・端子の形状は合っていますか?4極や3極の端子がパソコン側とヘッドセット・マイク側の端子と合っている事を確認してみましょう。 ・Bluetoothのヘッドセットを使用している場合は、ベアリングの接続とバッテリー残量を確認しましょう。 スマートフォンと共用していてパソコン側と繋がっていなかった、バッテリー切れになっていたという事もあります。 1つ1つ確認してみましょう 突然通話ができない時は、設定や日頃気づかないところが変わっていたりしています。 まずは落ち着いて確認してみましょう。


ハードウェアの故障や接続不良を疑う でも警告音が鳴り続ける場合はパーツの故障や接続不良が考えられます。

More

モバイル デバイスに通知が届かない場合 Teams の通知がオフになっている可能性があります。

More

Microsoft がテスト録音を保持または使用することはありません。

More

退席中• 一般的な問題のトラブルシューティングを行う方法 一部の通知しか届かない場合。

More

[ 着信音] では、通常の通話、転送された通話、代理通話を区別できるように、それぞれに個別の着信音を選択できます。

More

リアルタイムに近い活動が要求されるときもあるので、たいていは許可して、あとで、設定を調整するのがオススメです。

More