デュエマ デッド ダムド デッキ - 【新時代】アナカラーデッドダムド解説記事+他候補デッキ解説|アーチー/はっちcs|note

デュエマ デッド ダムド デッキ - 【新時代】アナカラーデッドダムド解説記事+他候補デッキ解説|アーチー/はっちcs|note

デュエマ デッド ダムド デッキ - 【デュエマ】アナカラーデッドダムド デッキ概要【アドバンス環境】

デッキ概要 2019年夏に猛威を奮ったデッキ。 秋以降はGRを使った各種チェインデッキないしループデッキに苦戦したものの、GR環境がひと段落しビート系のデッキに覇権が移動したことで再びチャンスが巡ってきた。 本デッキの特徴はなんと言っても《SSS級天災 デッドダムド》による盤面制圧力だろう。 《虹速 ザ・ヴェルデ》によって位相問わず殴ることが可能で、それがしかもマナから飛んでくる。 並のビートデッキだと簡単に制圧され、それを覆すのは難しい。 盤面を取ったあとは《無修羅デジルムカデ》で蓋をして、最後は《奇天烈 シャッフ》を絡めながら《禁断機関 VV-8》や新カード《轟く革命 レッドギラゾーン》を使って殴り切る。 基本的はビートデッキや盤面を使うデッキに対して強く出られる。 また墓地やマナから盤面を作れるため、【ドロマーハンデス】系統のコントロールデッキに対しても、充分見込みがある。 ただし相手の攻撃を受けてから返すことを基本としているため、【赤単罰怒ブランド】や【アグロ零龍】のような速攻に振り切ったデッキに対しては勝てない。 また盤面を一切使わない【青魔導具】や【青黒カリヤドネ】といったデッキにも不利になる。 2020年末の新殿堂により《生命と大地と轟破の決断》が殿堂入り。 但し天敵と一つであった【青黒カリヤドネ】の大幅弱体化によって、相対的に環境での立ち位置は向上している。 デッキ解説・補足 ・前述の通り、昨年夏にデッドディザスターの発売によって登場したデッキ。 ・序盤を《フェアリー・ライフ》や《天災 デドダム》でブーストし、中盤以降を手札や相手の動きに応じて立ち回るデッキ。 ・従来までであれば《禁断機関 VV-8》を設置するという押し付けの安定行動があったが、このカードの殿堂により中盤以降の立ち回り難易度は上がったと言える。 ・《禁断機関 VV-8》の殿堂により失った打点を補うべく《轟く革命 レッドギラゾーン》に白羽の矢が立った。 前述のウマキンの他、デドダム、ヴェルデとチェンジ元は豊富で困らない。 シャッフを手札に戻して使い回すことも可能。 従来よりも攻撃的なデッキに変貌したと言える。 ・盤面制圧力が高く【赤白レッドゾーン】のようなビートには強いデッキだが、リストを見てわかるようにトリガーで受けるデッキではない。 よってオールイン系の速攻には弱い。 具体的に言えば、【アグロ零龍】などはかなり厳しい対面となる。 ・ループ系にも不利。 咎める手段が《奇天烈 シャッフ》くらいしかないが、【青黒カリヤドネ】などはシャッフ1枚くらいは超えてくる。 ・GRデッキは好みがわかれる。 《無修羅デジルムカデ》の維持を目的とするならば高パワーのカードで固めてもいい。 他の候補としては《ヘルエグリゴリ-零式》など。 GRクリーチャーの効果も欲しいならば《天啓 CX-20》は当然候補となる。 ・リストを見てもらえばわかるが、各種パーツがやたら高い。 ちょっと気軽には手を出しにくいか。 この辺りはオリジナルでも流用できるのがまだ幸い。 カードの購入、予約はこちら。 [DMRP-16] [1カートン] ・デュエル・マスターズTCG レジェンドスーパーデッキ 蒼龍革命.


ただ【オカルトアンダケイン】などの新デッキも徐々に台頭しており、環境は意外と多様化していると言える。

More

《リツイーギョ #桜 #満開》は、元のパワーが3000で自分のターンならば《九番目の旧王》の全体パワーマイナスで除去されてしまうが、それを助けるのがこのデッキのメインの攻め札 《超次元パワード・ホール》だ。

More

《SSS級天災 デッドダムド》の能力でバトルゾーンのクリーチャー・オブジェクトを墓地に置こうとすることは「」である。

More

採用カード候補 S級宇宙 アダムスキー デッキ破壊による勝利を狙える。

More

環境において [ ] 『』においては決勝ラウンド進出者128人中49人が使用し、使用率1位を記録。

More

デッキ概要 2019年夏に猛威を奮ったデッキ。

More

・【マーシャルループ】は新カード《超次元ジェイシーエイ・ホール》がかなり強力。

More