Wrx 覆面 - 「スバル・インプレッサWRX・覆面パト?!」キューブコロコロのブログ | ネタ比率:車・単車55%:鉄30%:模型10%:ERO5%?

Wrx 覆面 - ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に(ねとらぼ交通課)

Wrx 覆面 - ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に

まさに、 ありえねぇ~!!、 ありえねえ~!! (D1グランプリの、土屋 圭市氏、織戸 学氏の決めゼリフ風に) って感じです。 だって、機動捜査隊って、いわゆる刑事さんのいる部署ですし、 スピード違反などの交通系とは無縁の場所ですよね。 言うまでもなく、張り込み等の、隠密行動に目立ち、派手さが厳禁な 捜査隊ですから、理には適っているんですが、 でも、この常識を見事にぶち壊したのが、この タカの目・インプのWRX・機動捜査隊・覆面パトカーでしょう。 最も、最近ではV35スカイラインなども大量投入されましたが、 エンジンも交機隊の350GTではなく、250GTと、 エンジンも控えめなスペックですが、 このWRXは、言うまでもなくラリーカーのルーツになったモデルで、 エンジンはツインカム16バルブの水平対向、「ボクサー」エンジンで そこにターボが着いて、最高出力が250馬力という、 「なんで捜査用にそんなエンジンが必要なの?!」と、 ツッコミを入れたくなるようなスペックを誇ります。 当然、WRXなので、4WDです。 ボンネットのエアダクト、純正標準の7本ゴールド・バフ仕上げの アルミホイールは捜査用としてはあまりにも目立ちすぎです。 ただ、基本的にパトカーは標準仕様が基本なので、 WRXならリア・スポイラーを着けたいところですが、 オプションなので、当然装着していません。 ですので後ろ姿はかなりイビツで、大口径マフラーに、リア・スポイラーなしの WRXはかなり違和感ありで、マニアが見れば明らかに「あやすぃ~」 インプなこと受け合いです。 警視庁には、このタカの目インプ・WRXがシルバーで3台は存在しており、 他にもブラック仕様もあるそうです。 しかもこのタカの目インプの覆面車、全国にもちらほら存在しているようで、 この前テレビで「警察24時」を見ていたら、何気に京都府警にも、l ホワイトの、タカの目インプ・WRX覆面パトが映っていたりしてました。 まぁ、本当なら廉価バージョンの1500でもよかったのでしょうけど、 最近の凶悪犯の逃走車もハイパワーであることが多いので、 それだけに俊足のインプWRXは持って来いなんでしょうね。


この「EyeSight」は2014年11月のマイナーチェンジでから順次導入されている「EyeSight ver. きっと我々が期待する以上のモデルとなって登場するはずだ。

More

カラーはブルーパール・ブラック・シルバーの3台で、ブルーパールはスバルファン・車好きにとってはたまらなくカッコイイカラーではないでしょうか。

More

5インチカラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイを採用。

More

8 Lの「HX edition S」に、このWRX用のフロントバンパーが標準となった。

More

レヴォーグは新開発水平対向4気筒1. その内容を少し書くと、 方式にもとずきパトカーに必要なスペックなどが記された、 仕様書などをが公示し、 が定めた範囲内の額に近く、 またスペックも満たしているパトカーを製造できるメーカーが 落札者となるため、 セドリックが生産を終了した近年ではクラウンばかりが全国で目につくんですね。

More

このアスリートには覆面パト仕様もあり、 全国の交通機動隊、高速隊にされるんです。

More